LPWA製品Sigfoxモジュール

ムラタは、Sigfox通信をサポートする小型通信モジュールを開発しました。“Sigfox”認証を受けており、お客様のデバイスへ容易に組み込めます。Type ABZ(Sigfox)は、STMicro STM32ベースのワイヤレスマイクロコントローラおよびSX1276 Semtech RFICを使用し、860~930MHzの周波数帯で動作します。

Sigfoxの特長

省電力で広域をカバー、シンプルな設定でクイックスタート

Sigfoxは、低価格・低消費電力・長距離伝送を特長とした、グローバルIoTネットワークです。
低消費電力で広域をカバーするのでセンサやデバイスへの活用に向いているのが大きな特長です。
低価格で、信頼性の高い、低電力ソリューションが魅力のパブリックなネットワークを持ち、極めて軽量なデータを扱うネットワークで、大量のデバイス接続やインフラIoTには欠かせない耐干渉性と耐障害性に優れています。ムラタはSIGFOXパートナー企業として認証からアンテナ設計までサポートいたします。

通信方式
周波数帯 900MHz帯
周波数幅 100 Hz
仕様 仏SIGFOX社/独自仕様
免許 免許不要
通信速度(上) 100bps
通信速度(下)

600bps

※Optional
通信距離(半径) 最大数十㎞

※周波数帯 EU 868MHz・US 900-920MHz・アジアは920MHz

通信距離
消費電力
グローバル
クラウド連携
サポートゾーン

RCZ1, 2, 4 (*RCZ3は計画中)

Z1
ヨーロッパ、オマーン、南アフリカ
Z2
アメリカ、メキシコ、ブラジル
Z3
日本
Z4
オーストラリア、ニュージーランド、シンガポール、台湾、香港、コロンビア、アルゼンチン

Sigfox対応モジュール 製品情報

  • CMWX1ZZABZ

    Type ABZ
    CMWX1ZZABZモジュールは、小型で複数Zone対応可能なSigfoxモジュールです。
    さらにSoftware変更でLoRaWAN™にも対応可能です。

Sigfoxの認証タイプ

[モジュール認証] Sigfox Verified™

独自のソリューションを開発したり、完全統合型のSigfoxモジュールを開発するには、Sigfox Verified™認証プロセスの手続きが必要になります。
この認証により、Sigfoxライブラリを利用してSigfox接続を統合できるようになり、Sigfoxプロトコルが実装されます。
Sigfox Verified™認証の詳細はこちら 別ウィンドウで開く をご覧ください。

[最終製品認証] Sigfox Ready™

Sigfox Ready™認証を申請するには、以下の条件を満たしている必要があります。

  • デバイスがモジュールまたはリファレンスデザインなどのSigfox Verified™無線ソリューションを使用していること。
  • デバイスが他のSigfox Ready™デバイスを基に設計されており、「Sigfox Ready™ similarity rules」に記載されるルールに従っていること。

Sigfox導入までの流れや評価キット提供までの流れをこちらでご確認いただけます。

仕様別の比較からSigfoxの製品の検索をすることができます。