スマートフォン用音声ラインノイズ対策ソリューション (1) 問題点

スマートフォン用音声ラインノイズ対策ソリューション(1)問題点_on スマートフォン用音声ラインノイズ対策ソリューション(2)対策 ホームオーディオ用音声ラインノイズ対策ソリューション(1)音声ライン ホームオーディオ用音声ラインノイズ対策ソリューション(2)電源ライン


※クリックで各項目に移動します。

スマートフォンにおける音声ラインの問題点  
スマートフォンの音声ひずみ

Murata Icon X スマートフォンにおける音声ラインの問題点

<関連知識>

  音声ひずみとは >
従来のフェライトビーズによるノイズ対策との比較 >




 対策部品:
NFZ_SM / SGシリーズ
LQW_CAシリーズ




 対策部品:
[スピーカ用]
  NFZ_SGシリーズ(高Z品)
  LQW_CAシリーズ
[イヤホン用]
  NFZ_SGシリーズ (大電流品) 



 対策部品:
NFZ_SGシリーズ(高Z品)
LQW_CAシリーズ
     

Murata Icon X スマートフォンの音声ひずみ

図1 イヤホンの音声ひずみ測定結果



近年、高音質化が進んでいるスマートフォンですが、実際にはどの程度音質に差があるのでしょうか。イヤホンを例として、音声ひずみ(THD+N)を測定した結果が図1になります。

この図から分かるように、メーカーによって音質に差があることが分かります。

スマートフォン内部の音声回路において、THD+Nの悪いスマートフォンでは、一般的なフェライトビーズでノイズ対策が行われていたのに対して、音質重視のモデルではNFZシリーズが利用されています。

人の耳は敏感で、特にイヤホンのように耳に直接音が届く場合には、僅かなひずみでも感じ取ってしまうことがあります。
専用のオーディオ機器だけではなく、スマートフォンにおいてもハイレゾ化が進みつつあるため、ますます音質への影響を考慮したオーディオ用のフィルタが重要になります。





スマートフォン用音声ラインノイズ対策ソリューション(1)問題点_on スマートフォン用音声ラインノイズ対策ソリューション(2)対策 ホームオーディオ用音声ラインノイズ対策ソリューション(1)音声ライン ホームオーディオ用音声ラインノイズ対策ソリューション(2)電源ライン