車載機器の電源回路におけるノイズ対策事例


自動車には様々な電子機器が搭載されるようになりましたが、車載機器にはそれぞれ必要な電圧を作り出すために電源回路が組み込まれています。
電源回路には効率化のためスイッチング方式のものが使用されますが、これがノイズ源となり問題となることがあります。ここでは、車載機器の電源回路(DC-DCコンバータ)のノイズ対策について紹介します。

ここで紹介する対策内容や対策部品は自動車だけでなく産業用機器などについても適用できます。

 


SubTitleIcon6  評価モデル電源回路

12V → 5V の降圧型DCDCコンバーターをモデル回路として評価しました。
・ Iin ≒ 0.3A、Iout ≒ 0.7A
・スイッチング周波数≒400kHz


SubTitleIcon6  ノイズ状況の調査

初期のノイズ状況の確認と、どんなノイズが出ているかの切り分けを行います。

ノイズの測定は以下の3パターンで行いました。
・伝導ノイズ(150kHz-108MHz)
・放射ノイズ(150kHz-30MHz)
・放射ノイズ(30MHz-300MHz)

ノイズ状況の調査ページへ


SubTitleIcon6  ノイズ対策の実行

対策方法を決定し、3パターンそれぞれのノイズがどれだけ低減できたか確認しました。


ノイズ対策の実行ページへ