[動画] 車載ETHERNET 1000BASE-T1用コモンモードチョークコイルの紹介


CASE全体を支える受動備品、1000BASE-T1規格に対応する、最小サイズのコモンモードチョークコイルを紹介します。(第11回国際カーエレクトロニクス技術展2019より)


SubTitleIconNo01車載Ethernetとは


車載Ethernet:"自動車に使われる通信方式”

自動車内部では用途に応じて様々なインターフェース規格が用いられています。


表1:自動車に使われる通信方式

通信方式
速度
用途、特徴
CAN/LIN
33k/125k/250k/500kbps
ECU全般で採用 車載LANの標準
FlexRay
2M/5M/10Mbps
PowerTrain、Chassisなど制御系で使われる
MOST
25M/50M/150Mbps
車載Audio Multimedia系で採用
Ethernet
100M/1Gbps
PCのLANの標準、ダイアグでも採用
100BASE-TX、100Base-T1


表2:車載Ethernet規格
規格 伝送速度
Pair数 備考
100Base-T1
100Mbps
1ペア
1ペアで100Mbpsの全二重通信が可能。OPEN Allianceにて規格化された。
100Base-TX
100Mbps
2ペア
既存100Base-TXベースとしつつ車載向けにEMC性能を向上させている。
RTPGE
(1000Base-T1)
1000Mbps
1 or 2ペア
IEEEにて規格化検討中。車載、産業機器用途のため、既存の1000Base-Tの配線数を減らした規格。


SubTitleIconNo02車載Ethernetにおけるノイズ対策の必要性


  1. 差動伝送のノイズ
  2. Ethernetの問題点
  3. 車載機器のノイズ規格


1.差動伝送のノイズ

Ethernetをはじめとする差動伝送では、様々な要因でコモンモード電流によるノイズが発生します。


2.Ethernetの問題点

Ethernetに使用されるケーブルと、USB・HDMI等のケーブルには違いがあります。




3.車載機器のノイズ規格
車載機器では民生品よりアンテナ距離が短く、且つ厳しい限度値を持ちます。


オススメ!

差動伝送におけるノイズ対策にはコモンモードチョークコイルが有効です。


  • 逆相(ディファレンシャルモード)の信号は磁界がキャンセル → 透過
  • 同相(コモンモード)のノイズは磁界が重畳 → 反射

コモンモードだけを選択的に落とすことができる!

100Base-T1のノイズ対策に最適なコモンモードチョークコイルとしてDLW43MHシリーズをお勧めします。