ムラタインダクタの強み

ムラタならではの技術力でお客様の商品開発をバックアップ。-幅広いラインアップで最適なインダクタをご提案します。-
High Quality and Support     Extensive Lineup          Worldwide Sales and Supply Structure          Development Ability

Murata Icon X 高品質、高いサポート力


次代を担うハイブリット車や電気自動車など、高信頼性が求められる時代になってきました。
ムラタでは、TS、ISO、さらに車載電子部品の品質規格であるAEC-Q200の取得に向けて取り組みを進めています。
良品解析技術により、日々、お客様の課題解決に向けて積極的に取り組んでいます。
また、定期的な良品解析を行い、品質の安定と開発への情報フィード・バックによる製品の信頼性向上に努めています。

- お客様に安心を運ぶムラタの評価・解析技術 -

最新鋭の解析装置を活用し、「商品開発」「安定的な信頼性の維持」「良品の信頼性を高めること」に従事しています。

お客様に安心を運ぶムラタの評価・解析技術

Murata Icon X 豊富なラインアップ


- ムラタだからできるトータルソリューションのご提案 -


ムラタは、電源用から高周波回路用まで、さまざまな用途に対応した製品をご用意しており、お客様の幅広いニーズにお応えいたします。

Extensive Lineup

Murata Icon X ワールドワイドな販売・供給体制


- 世界に広がるムラタのネットワークでお客様をサポートします。 -

ワールドワイドな販売拠点により、スピーディーな対応を可能にしています。
また、インダクタ生産拠点として、6つの工場を持ち、災害などのリスク回避を行っています。

Sales Office

Plant

株式会社登米村田製作所
ウェブサイト
株式会社アズミ村田製作所
ウェブサイト
〒987-0511
宮城県登米市迫町佐沼字中江4丁目11番地の1
Tome Murata Manufacturing Co., Ltd.
〒399-8204
長野県安曇野市豊科高家1020
Azumi Murata Manufacturing Co., Ltd.
株式会社村田製作所 八日市事業所
株式会社福井村田製作所 宮崎工場
〒527-8558
滋賀県東近江市東沖野4丁目4番1号
Murata Manufacturing Company, Ltd. Yokaichi Plant
〒916-0295
福井県丹生郡越前町小曽原108号字向北谷100番地
Fukui Murata Manufacturing Co., Ltd. Miyazaki Plant
株式会社穴水村田製作所 (旧社名: 穴水電子工業株式会社)
株式会社岡山村田製作所
ウェブサイト
〒927-0026
石川県鳳珠郡穴水町字大町チの53番地
Anamizu Murata Manufacturing Co., Ltd.<br>(Old company name: Anamizu Electronics Industries, Ltd. )
〒701-4241
岡山県瀬戸内市邑久町福元77番地
Okayama Murata Manufacturing Co., Ltd.
Murata Electronics (Malaysia) Sdn.Bhd.
ウェブサイト
 
Plot 15, Bemban Industrial Park Jalan Bemban, 31000 Batu Gajah, Perak, Malaysia
Murata Electronics (Malaysia) Sdn.Bhd.



国内外拠点一覧

Murata Icon X 開発力


- 基軸技術を駆使した開発力で、ムラタはインダクタ部品の未来を創造し続けます。 -
ムラタのインダクタ部品は巻線、積層、フィルムの3つのベース技術を駆使して
より高性能に、より使いやすく、より安価に革新を続けます。

Wire Wound Technology Thin copper wire is wound around a core of 0.8 mm in length.Film Technology The coil formed by a film formation technology. The coil is formed at a width of 10µm.Multilayer Technology This is the inner conductor of a multilayer power inductor. It is designed for high power. 

- アプリケーション技術と材料技術で商品開発をバックアップし、
お客様の回路に最適なインダクタ部品を創造し続けます。 -


「すべてはお客様とメンバーの感動のために」を合言葉に、お客様視点で期待される部品を考えるアプリケーション開発と無限の可能性を追い続ける材料開発が商品開発力をバックアップしています。
お客様が必要とされる固有の部品にも果敢にチャレンジしていきます。
お客様に「まず、ムラタに相談してみよう。」と思っていただけるような対応力を発揮します。

Application Development This is an example of a 3D leakage flux measurement. The leakage is not occurring in the component mounted portion.
Material Development The composition and particle size of the ferrite is controlled in consideration of the permeability and internal stress.


- 革新的な技術開発で革新的な部品を創造するステージへ脱皮し、未来への可能性を追求します。 -

ムラタのインダクタ部品開発はアプリケーションを軸とし、ムラタの他の部品群の中で確立されたプロセスを使って発展してきました。

しかし、現状ではこれらの横展開だけでは対応できない領域も出てきています。
我々は外部の技術動向を把握しながらムラタのインダクタ商品開発に必要な革新的な技術を確立します。

高精度にコイルを形成する技術、抵抗の小さいコイルを形成する技術、高効率を実現する技術。夢は無限に広がります。
これを既存のコア技術と融合する事により、更にハイレベルにお客様の期待に応えていきたいと考えています。
Innovative technology development transforms the innovative components in the creative stage, in pursuit of possibilities into the future.