積層セラミックコンデンサの動的モデルライブラリを公開

積層セラミックコンデンサの動的モデルライブラリを公開

2015/07/27

要旨

株式会社村田製作所は6月23日より、当社Webサイトにて、積層セラミックコンデンサの動的モデルをライブラリとして公開しました。



背景

近年、電子機器の設計には、回路シミュレーションを活用する手法が一般的となっています。そこで各部品メーカは 、自社 部品のシミュレーションモデル を提供することで対応してきています。

しかしながら、これら提供されている部品 モデルは、そのほとんどは静的モデルと呼ばれるものであり、部品に加わる電圧によって部品特性が変化するという動的現象を再現できません。具体的には、積層セラミックコンデンサにおける静電容量のDCバイアス特性が関係する回路の設計においては、これに起因してシミュレーション値と実測値との間で乖離が生じてしまうことがあります。そのため、シミュレーション値と実測値の差が小さくなるような動的モデルが強く望まれていました



本公開のライブラリについて

積層セラミックコンデンサに加わるDC電圧よって静電容量が変化する現象に対応した 動的なモデル を収容したライブラリです。 電圧が時間的に変化する回路に対して、適切なシミュレーションが可能になります 。

[ライブラリに収容されているシリーズ品番]
◎積層セラミックコンデンサ
  • GRMシリーズ、GJxシリーズ、LLxシリーズなど2531品番
2018.10.15追記
最新の対応品番は下記リンクより各ライブラリ概要の「対応品番一覧」をご参照ください。

[対応シミュレータとダウンロードページURL]
(インダクタとMLCCがひとつのライブラリに含まれています)


用語説明

部品モデル
回路シミュレーションに必要な部品の特性を反映したデータをいいます。各品番で特性は異なるため、当社では部品モデルを品番ごとに用意しています。

積層セラミックコンデンサのDCバイアス特性
高誘電率系と呼ばれるセラミックコンデンサに使用されている誘電体は、DC電圧が加わると誘電率が変化する性質があります。この影響により、高誘電率系セラミックコンデンサは、印加されるDC電圧によって静電容量が変化します。この現象をDCバイアス特性といいます。





ムラタについて

村田製作所はセラミックスをベースとした電子部品の開発・生産・販売を行っている世界的な総合電子部品メーカーです。独自に開発、蓄積している材料開発、プロセス開発、商品設計、生産技術、それらをサポートするソフトウェアや分析・評価などの技術基盤で独創的な製品を創出し、エレクトロニクス社会の発展に貢献していきます。
詳細はこちらのページをご覧ください。www.murata.com/ja-jp