インプラント医療機器向け医療グレード積層セラミックコンデンサの商品化

2015/10/06

株式会社村田製作所
代表取締役社長 村田 恒夫

要旨

株式会社村田製作所は、心臓ペースメーカーなどのインプラント医療機器向けに医療グレード積層セラミックコンデンサを開発、商品化いたしました。車載市場など高信頼性が要求される市場において当社が蓄積したコンデンサの高信頼設計技術、品質管理にもとづいて開発した製品であり、お客様ごとの個々のご要求に沿った対応も可能です。
なお、当製品は2015年10月7日(水)~10月10日(土)に幕張メッセで開催される「CEATEC® JAPAN 2015」にて展示いたします。

背景

心臓ペースメーカーなどのインプラント医療機器は体内に植え込むことが必須となるため、機器の小型化により人体への負荷を低減させること(低侵襲化)が課題となっており、近年、小型化のニーズはますます高まっています。
そこで当社は、インプラント医療機器向けに小型・高容量かつ高信頼性を特長とした医療グレード積層セラミックコンデンサを開発、商品化いたしました。これによりインプラント医療機器における高密度設計を可能とし、機器のさらなる小型化に貢献してまいります。

特長

GCHシリーズ

  • インプラント医療機器に対応した高信頼設計の医療グレードシリーズです。
  • ノンライフサポート回路*1に適しています。

GCRシリーズ

  • GCHシリーズに対して個別のスクリーニングを実施したシリーズです。
  • ライフサポート回路*2に適しています。
*1 ノンライフサポート回路: インプラント医療機器において、故障により機器の機能が低下・停止した場合においても、人命に直結しない回路。
*2 ライフサポート回路: インプラント医療機器において、故障が直ちに人命に直結する回路。

用途

インプラント医療機器各種(心臓ペースメーカー、人工内耳、インシュリンポンプ、胃刺激装置など)

品番およびラインアップ

GCHシリーズのラインアップはこちらをご覧ください。

電気的性能

  GCHシリーズおよびGCRシリーズ
温度特性
(EIA)
X7*
C0G
定格電圧
~100Vdc
容量偏差
±0.05pF,±0.1pF, ±0.25pF,±0.5pF, ±0.5%,
±1%, ±2%, ±5%, ±10%, ±20%
使用温度範囲
-55~125℃(X7*, C0G)

外形寸法図

1005サイズ:1.0×0.5mm(T=0.2、0.25、0.3、0.5mm)
1608サイズ:1.6×0.8mm(T=0.5、0.8mm)
2012サイズ:2.0×1.25mm(T=0.6、0.85、1.0、1.25mm)
3216サイズ:3.2×1.6mm(T=0.85、1.15、1.2、1.6mm)
3225サイズ:3.2×2.5mm(T=0.85、1.0、1.15、1.35、1.6、1.8、2.0、2.5mm)


生産体制

  • GCHシリーズ:2015年4月より量産中
  • GCRシリーズ:年内に量産開始予定

ムラタについて

村田製作所はセラミックスをベースとした電子部品の開発・生産・販売を行っている世界的な総合電子部品メーカーです。独自に開発、蓄積している材料開発、プロセス開発、商品設計、生産技術、それらをサポートするソフトウェアや分析・評価などの技術基盤で独創的な製品を創出し、エレクトロニクス社会の発展に貢献していきます。
詳細はこちらのページをご覧ください。www.murata.com/ja-jp