自動車市場向け1608Mサイズの高信頼性小型3端子コンデンサを開発

2017/01/16

株式会社村田製作所
代表取締役社長 村田 恒夫

要旨

株式会社村田製作所は、自動車の高信頼性用途向けで当社最小サイズとなる1608Mサイズ(1.6×0.8mm)の3端子積層セラミックコンデンサ(NFM18HCシリーズ)を開発しました。主にADAS*1・自動運転の予防安全システムなどへの採用を目指します。本商品はすでにサンプル出荷をおこなっており、2017年4月から量産を開始します。
なお本商品は、2017年1月18日~1月20日に東京ビッグサイトで開催される「第9回 [国際]カーエレクトロニクス技術展 ~カーエレ JAPAN~」に出展します。

補足

プロセッサの電源回路は、デカップリングコンデンサを用いインピーダンスを小さくして、電源電圧の変動を抑え安定化させています。プロセッサの処理速度(動作周波数)が高くなるほど、広い周波数帯域でインピーダンスの抑制が求められます。
3端子積層セラミックコンデンサは、一般的な2端子の積層セラミックコンデンサよりもESL*2が小さいため、少ない部品点数で高周波帯域のインピーダンスを低減できます。この特長を活かし、主に処理速度の高いプロセッサを搭載した小型化・高密度化が求められるスマートフォンなどで採用が拡大しています。近年では、ADAS・自動運転の予防安全システムやIVI*3など車載機器の高機能化・多機能化が進み、プロセッサの高性能化や機器の小型化要求により、自動車市場においても3端子積層セラミックコンデンサが採用され始めています。本商品は、自動車の高信頼性用途向け3端子積層セラミックコンデンサで当社最小となる1.6×0.8mm(従来品は2.0×1.2mm)を実現し、車載機器のさらなる小型化・高密度化に貢献していきます。

製品サイトURL

製品の詳細はNFM18HCの製品サイトをご覧ください。

用語説明

*1 ADAS:Advanced Driver Assistance System /先進運転支援システム
*2 ESL:等価直列インダクタンス
*3 IVI:In-Vehicle Infotainment /車載インフォテイメント

ムラタについて

村田製作所はセラミックスをベースとした電子部品の開発・生産・販売を行っている世界的な総合電子部品メーカーです。独自に開発、蓄積している材料開発、プロセス開発、商品設計、生産技術、それらをサポートするソフトウェアや分析・評価などの技術基盤で独創的な製品を創出し、エレクトロニクス社会の発展に貢献していきます。
詳細はこちらのページをご覧ください。www.murata.com/ja-jp