電源用チップフェライトビーズの最大定格電流値8Aを実現-BLM18SNシリーズ-

電源用チップフェライトビーズの最大定格電流値8Aを実現 -BLM18SNシリーズ-

2015/09/07

要旨

電源用チップフェライトビーズは、定格電流値が大きな選択のポイントになっています。

今回、1608サイズにおいて、これまで4516から0402サイズまでの全シリーズで越えられなかった6Aという定格電流値の壁を越えた、定格8Aの商品がラインアップに加わりました。

  

背景

チップフェライトビーズの使用される場所は、信号ラインと電源ラインに分けられます。

このうち電源ラインでは、使用可否を判断する指標として定格電流値が大きな意味をもちます。チップフェライトビーズBLMシリーズでは、0.4mm×0.2mmという小型品から4.5mm×1.6mmという大型品までさまざまなサイズを取り揃えていましたが、最大の定格電流値は6Aまでの対応となっていました。

今回、材料と内部構造の適正化により、従来の33%upとなる定格値8Aという製品をラインアップに加えることで、アプリケーションの幅が広がりました。

  

特徴

1608サイズという小型でありながら8AというBLMでは初となる大きな定格電流値を実現しています。

  

用途

電源ラインのノイズ対策
用途
品番
一般アプリケーション用
BLM18SN220TN1□
 自動車パワートレイン・セーフティ用 BLM18SN220TH1□
 自動車インフォテインメント用 BLM18SN220TZ1□ 
  

生産体制

量産中



ムラタについて

村田製作所はセラミックスをベースとした電子部品の開発・生産・販売を行っている世界的な総合電子部品メーカーです。独自に開発、蓄積している材料開発、プロセス開発、商品設計、生産技術、それらをサポートするソフトウェアや分析・評価などの技術基盤で独創的な製品を創出し、エレクトロニクス社会の発展に貢献していきます。
詳細はこちらのページをご覧ください。www.murata.com/ja-jp