車載に対応した高音質音声ライン向けノイズ対策部品の商品化

車載に対応した高音質音声ライン向けノイズ対策部品の商品化

2016/03/28

要旨

音質に影響を与えずに放射ノイズを除去する音声ライン向け用途特化型積層タイプノイズフィルタNFZ18SM_SZシリーズに、初めて車載インフォメーション機器対応品を追加しました。

  

背景

車の電子化とともに車載インフォメーション機器の音声ラインのノイズ対策の需要が増加しています。音声ラインでは放射ノイズを抑えるだけでなく、音質を損なわないこともノイズ対策部品の必要条件となります。そのため、音質を検証した音声ライン向けに用途を特化したノイズ対策部品が必要となります。

  

用語説明

THD+N特性(Total Harmonic Distortion + Noise):
音声信号の歪み率とノイズを同時に評価する指標で、値が小さいほど音声品質を損なわないことを意味しています。

  

特徴

  • 従来のノイズ対策部品と比較して、音質の指標THD+N特性を大幅に改善しました。
  • 1608サイズで1Aを超える大きな定格電流を実現しました。
  

用途

車載インフォメーション機器の音声ラインの放射ノイズ対策

  

品番

NFZ18SM121SZ10
NFZ18SM251SZ10
NFZ18SM501SZ10
NFZ18SM701SZ10
 

特性図

車載に対応した高音質音声ライン向けノイズ対策部品の商品化

NFZ18SM501SZ10の電力とTHD+N (1kHz)の関係NFZ18SM_SZシリーズと他のノイズフィルタのTHD+Nの比較(at 1kHz)
 

生産体制

量産中



ムラタについて

村田製作所はセラミックスをベースとした電子部品の開発・生産・販売を行っている世界的な総合電子部品メーカーです。独自に開発、蓄積している材料開発、プロセス開発、商品設計、生産技術、それらをサポートするソフトウェアや分析・評価などの技術基盤で独創的な製品を創出し、エレクトロニクス社会の発展に貢献していきます。
詳細はこちらのページをご覧ください。www.murata.com/ja-jp