世界初175℃の高温に対応した自動車向けチップフェライトビーズを商品化

2020/12/02

株式会社村田製作所
代表取締役社長 中島 規巨

株式会社村田製作所(以下、「当社」)は、自動車向けとして世界で初めて※1175°Cの高温環境下で使用可能なノイズ対策部品であるチップフェライトビーズ「BLM18KN_EHシリーズ」(以下、「本製品」)を商品化しました。2020年12月より量産を開始します。
※1 当社調べ、2020年12月1日時点。
近年、自動車の電装化が進み、特に高温となるエンジン周辺にもECU※2が配置されるようになりました。従来はエンジン周辺の高温に対応できるノイズ対策部品がないため、比較的温度が低い箇所に対策回路を設置していましたが、ノイズ源から離れた箇所に位置するため、効率の良いノイズ対策が困難でした。
本製品は、高温でも磁気特性を失わないフェライト材料や長期間の使用でも高温劣化を抑制する当社独自の電極構成部材の採用により、世界で初めて175°Cの高温環境で使用可能なチップフェライトビーズを実現しました。この特性により、エンジンECUやトランスミッション制御ユニット※3、ターボモーター※4などの電源ノイズ対策部品として、長期間にわたって使用可能です。
※2 Electronic Control Unit:自動車の電子制御装置。
※3 トランスミッション(変速機)の制御を行うコントロールユニット。
※4 排気の流れを利用してエンジンに空気を送り込む機構。
当社は、今後も市場ニーズに対応した製品の開発に取り組み、自動車の高性能化・高機能化に貢献していきます。

主な特長

  • −55°C~+175°Cの使用温度範囲を実現
  • 175°Cの高温対応によりミッションプロファイル※5に準じた部品単体でのテストが不要となり、設計工数の削減に貢献
  • 150°Cで定格電流490~2600mAに対応し、電源ラインの設計自由度の向上に貢献
  • 低直流抵抗※6により大電流通電時の電圧降下を低減し、回路の安定した動作を実現
※5 ミッションプロファイル:自動車の実使用を想定し、温度などの環境やその継続時間などの動作条件を完成車メーカーが規定したもの。
※6 低直流抵抗:直流抵抗(常に一定値の電流を流したときの電流の流れにくさ)が小さいこと。

主な仕様

品番 インピーダンス(Ω)
(at 100MHz,
標準試験条件にて測定)
定格電流(mA) 直流抵抗
(Ω以下)
at 125°C at 150°C at 175°C 初期
BLM18KN260EH1 26±25% 4000 2600 10 0.007
BLM18KN300EH1 30±25% 2600 1700 10 0.010
BLM18KN700EH1 70±25% 2200 1500 10 0.022
BLM18KN101EH1 100±25% 1900 1200 10 0.030
BLM18KN121EH1 120±25% 1900 1200 10 0.030
BLM18KN221EH1 220±25% 1400 1000 10 0.050
BLM18KN331EH1 330±25% 1100 790 10 0.080
BLM18KN471EH1 470±25% 920 610 10 0.130
BLM18KN601EH1 600±25% 860 560 10 0.150
BLM18KN102EH1 1000±25% 740 490 10 0.200

製品情報

製品詳細は、チップフェライトビーズ「BLM18KN_EHシリーズ」をご覧ください。


ムラタについて

村田製作所はセラミックスをベースとした電子部品の開発・生産・販売を行っている世界的な総合電子部品メーカーです。独自に開発、蓄積している材料開発、プロセス開発、商品設計、生産技術、それらをサポートするソフトウェアや分析・評価などの技術基盤で独創的な製品を創出し、エレクトロニクス社会の発展に貢献していきます。
詳細はこちらのページをご覧ください。www.murata.com/ja-jp