AEC-Q200対応自動車向け高周波インダクタのラインアップを大幅拡充

AEC-Q200対応自動車向け高周波インダクタのラインアップを大幅拡充

2015/10/19

要旨

AEC-Q200に対応した自動車向け(インフォテインメント用途、パワートレイン・セーフティ用途)高周波インダクタの製品ラインアップを大幅に拡充しました。


背景

近年「車載市場」において、環境やエネルギー、安全への意識の高まりに伴い、EV/HEV化による電動パワーシステム/二次電池の搭載や、各種電装機器の電動化、安全システムの更なる高機能化が進展をしています。

また外部の通信システムとの接続ニーズが高まり、無線通信のネットワーク化が始まりを見せており、その流れを受けたかたちで、IVI(In-Vehicle Infotainment)と称される走行系と安全系システムの協調を目指した車載機器の開発が目指されています。

このような状況下の中で、車載機器内のRF回路のマッチングやチョークコイルとして使われる高周波インダクタへ小型化、高性能化の要求が強まっております。加えて、車載向け電子機器の規格であるAEC-Q200への対応の要求も強まっています。

この要求に応えるため、AEC-Q200に対応した自動車向けの高周波インダクタのラインアップを大幅に拡充しました。


特徴

インフォテインメント用途向け高周波インダクタ新シリーズ
 サイズ
 コード(mm)
 シリーズ
 特徴
 ライン 
 アップ 
 スペック
 シート
0603
 LQP03TN_Z2
 小型の0603サイズでHighQ
Link Link
1005
 LQG15WZ_02
 標準積層品より更なるHighQ化を実現
Link
Link
1005
 LQW15AN_8Z
 巻線品の特徴であるHighQ、大電流化を実現
Link
Link
1608
 LQW18AN_8Z
Link
Link

パワートレイン、セーフティ用途向け高周波インダクタ新シリーズ
 サイズ
 コード(mm)
 シリーズ
 特徴
 ライン 
 アップ 
 スペック
 シート
1005
 LQG15WH_02
 高信頼性対応
 標準積層品から更なるhighQ化を実現
Link
Link


用途

・インフォテインメント用途
カーナビをはじめとする車室内のITS情報通信機器や各種快適装備での使用を想定したインフォテインメント向けのRF回路
・パワートレイン、セーフティ用
厳しい使用環境に適合したパワートレイン(走行駆動系)/ 安全システムをはじめとするセーフティ向けのRF回路

自動車用途についての詳しい解説


生産体制

量産中



ムラタについて

村田製作所はセラミックスをベースとした電子部品の開発・生産・販売を行っている世界的な総合電子部品メーカーです。独自に開発、蓄積している材料開発、プロセス開発、商品設計、生産技術、それらをサポートするソフトウェアや分析・評価などの技術基盤で独創的な製品を創出し、エレクトロニクス社会の発展に貢献していきます。
詳細はこちらのページをご覧ください。www.murata.com/ja-jp