世界初0201サイズインダクタ
CEATEC AWARD 2016準グランプリ

0201サイズインダクタCEATEC AWARD 2016準グランプリを受賞

2016/10/17

要旨

2016年10月4日~10月7日に千葉幕張メッセで開催されたCEATEC 2016において、(株)村田製作所の世界初の0201サイズチップインダクタLQP01HQシリーズがテクノロジ・ソフトウェアイノベーション部門で準グランプリを受賞しました。

0201サイズインダクタCEATEC AWARD 2016準グランプリを受賞


概要

今回の受賞にあたっては、「モバイル機器の多機能化、ウェアラブル機器普及促進のキーデバイスと位置づけられる。今後さらに高度化し、小型化も要求される種々のIoTデバイスを実現するために、有用なコンポーネントの開発であると評価。毎年改良がなされている研究開発に今後も期待したい。」という講評をいただいており、当社の一連の小型化への取り組みと、いち早い小型商品の商品化が評価されています。

 シリーズ名  LQP01HQシリーズ
 製品寸法  0.25mmx0.125mmx0.22mm
 インダクタンス範囲  0.3nH~2.7nH (2017年春に10nHまで拡張予定)
 インダクタンス偏差  B偏差(±0.1nH) H偏差(±3%)

配信済み関連ニュースリリース


特長

  • 世界初の業界最小0201サイズ(0.25mm×0.125mm)の高周波インダクタ従来の最小0402サイズと比べて実装面積比が約2分の1になります。

  • ワンサイズ上のLQP02TNシリーズと同等のQ特性を保有します。


ムラタについて

村田製作所はセラミックスをベースとした電子部品の開発・生産・販売を行っている世界的な総合電子部品メーカーです。独自に開発、蓄積している材料開発、プロセス開発、商品設計、生産技術、それらをサポートするソフトウェアや分析・評価などの技術基盤で独創的な製品を創出し、エレクトロニクス社会の発展に貢献していきます。
詳細はこちらのページをご覧ください。www.murata.com/ja-jp