小型・面実装タイプ PoE用絶縁型DC-DCコンバータの開発

2016/12/13

要旨

株式会社村田製作所は、小型・面実装タイプのPower over Ethernet(以下PoE)向け絶縁型DC-DCコンバータ MYBSPシリーズを開発しました。
無線アクセスポイント、ネットワークセキュリティカメラ、IP電話などネットワーク機器のPower Deviceでご使用いただけます。
本製品の生産はMurata Electronics (Thailand)Ltd., で、2017年3月から量産し、サンプル価格は4,000円です。


背景

ネットワーク機器の市場において、AC電源の設置工事が不要かつ、省配線化の理由でPoEが搭載された機器が増えてきています。また、これらの機器においては、装置の小型化・高機能化に伴い、電源部の小型化が必要になります。
今回開発したDC-DCコンバータMYBSPシリーズは、PoEの通信規格IEEE802.3atのhardware classification protocol機能を搭載した小型の絶縁型DC-DCコンバータです。シートタイプトランスを用いることで、高絶縁耐圧・高信頼性・小型化を実現しました。
また、今まで挿入端子タイプの電源モジュールはありましたが、お客様の基板両面に実装するスペースが必要でした。当製品は面実装型円柱端子を採用することで、お客様の基板においてスルーホールが不要になると同時に、電源モジュール自体の小型化も実現しました。これにより基板占有面積が小さくなり、回路設計の自由度がアップしました。


特徴

・IEEE802.3atのhardware classification protocol機能を搭載
・小型かつ高絶縁耐圧(2.25kVdc)を達成
・面実装型円柱端子の採用により、リフローによる簡便な実装が可能


用途

・IEEE802.3at の機器すべて
・無線アクセスポイント、セキュリティカメラ、IP電話などのネットワーク機器


品番

MYBSP0122BABF(12V/2.125A、25.5W出力)
MYBSP0055AABF(5.0V/5.1A、25.5W出力)

詳細はこちら をご覧ください。

電気的性能

品名 MYBSP0055AABF MYBSP0122BABF
入力電圧範囲 42.5-57V
出力電圧 5.0V 12V
出力電流 5.1A 2.125A
出力電力 25.5W
1次2次間絶縁耐圧 2.25kV
効率(typ.) 88% 91%
出力電圧精度 +/-3%


外形寸法図

22.4 × 35.5 × 10.55 mm

生産体制

2017年3月量産開始予定

サンプル価格

4,000円/pc


ムラタについて

村田製作所はセラミックスをベースとした電子部品の開発・生産・販売を行っている世界的な総合電子部品メーカーです。独自に開発、蓄積している材料開発、プロセス開発、商品設計、生産技術、それらをサポートするソフトウェアや分析・評価などの技術基盤で独創的な製品を創出し、エレクトロニクス社会の発展に貢献していきます。
詳細はこちらのページをご覧ください。www.murata.com/ja-jp