3D MEMS慣性力センサ「SCCシリーズ」に新たなラインアップを追加
~車の横滑り防止装置(ESC)の小型化と高機能化に貢献~

2020/05/12

株式会社村田製作所
代表取締役会長兼社長 村田 恒夫

株式会社村田製作所(以下、「当社」)は、車の横滑り防止装置(ESC)の小型化と高機能化に貢献する「SCC3100・SCC3200シリーズ(4軸)」および「SCC3300シリーズ(5軸)」3D MEMS慣性力センサ(以下、「本製品」)を開発しました。2020年12月末から順次量産開始を予定しています。

近年、自動車業界では自動車の高機能化のため、電子部品の搭載点数が増加する傾向にあり、電子部品の小型化のニーズが高まっています。また、レーンキープアシスタンス(LKA)や電動パーキングブレーキ(EPB)などが標準オプションになりつつあるため、センサの性能の安全性に対する要求もますます高まっています。

本製品の特長

1. 車載システムの高性能化と設計自由度向上に貢献
  • 独自の3D MEMS構造と検知機構により、優れたバイアス安定性、広帯域の信号検知能力、高い耐振動性を実現
  • 3軸加速度センサと角速度センサをワンパッケージ化したことにより、自由な設置が可能

2. 自己診断機能
  • 本製品の特徴であるフェイルセーフ機能は、リファレンス信号を用いたモニタリング、通信異常やbitエラーを検証するためのチェックサム、およびサチュレーションやオーバーレンジなどの異常信号の検出が可能です。また特許取得済みの当社の自己診断機能※1は、MEMS素子内部の動きから信号回路全体までの適切な動作を検証できるようになっています。
※1 異常検知を自己で診断し、出力により知らせる機能

3. 車載システムの安全性に貢献
  • ASIL D※2の機能安全開発に応じたISO26262に対応
  • AEC-Q100※3規格に準拠
※2 Automotive Safety Integrity Level(自動車安全水準)のこと。一般的にA < B < C < D の順に、 高いレベルの安全方策が求められる。
※3 Automobile Electronics Council(車載電子部品評議会)が定める集積回路・IC向けの業界標準

主な仕様

サイズ 10.4 x 7.65 x 2.3 mm(長さx幅x高さ)
ピン数 16本
電圧 3.0 V〜3.6 V
角速度測定範囲 ±300 °/s
加速度測定範囲 ±6 g(±15 gオプショナル)
LPF設定範囲(角速度・加速度共に) 13, 20, 46, 200, 300 Hz (指定可能)※4
※4 一部の品番は加速度センサのLPF設定範囲: 46 Hzまで

主な用途

本製品は、環境要件が厳しく、小型で高性能なセンサが求められる以下の用途を対象としています。
  • 横滑り防止装置(ESC)などの車両姿勢安定化制御 
  • 電動パーキングブレーキ(EPB)
  • レーンキープアシスタンス(LKA)
  • ダイナミックシャシーコントロール(PDCC)
製品詳細は3D MEMS慣性力センサ「SCC3000シリーズ」をご確認ください。

ムラタについて

村田製作所はセラミックスをベースとした電子部品の開発・生産・販売を行っている世界的な総合電子部品メーカーです。独自に開発、蓄積している材料開発、プロセス開発、商品設計、生産技術、それらをサポートするソフトウェアや分析・評価などの技術基盤で独創的な製品を創出し、エレクトロニクス社会の発展に貢献していきます。
詳細はこちらのページをご覧ください。www.murata.com/ja-jp