車載用小型水晶振動子の商品化について

2015/01/08

株式会社村田製作所
代表取締役社長 村田 恒夫

要旨

株式会社村田製作所は、2016サイズ (2.0x1.6mm) 車載用水晶振動子*1 (XRCGB-F-Aシリーズ) を商品化いたしました。当製品は、小型で高精度 (周波数許容偏差-/+30ppm、周波数温度安定性-/+35ppm) を実現した車載用小型水晶振動子です。

なお、当製品は2015年1月14日 (水) ~1月16日 (金) に東京ビックサイトで開催される「国際カーエレクトロニクス技術展」にて展示いたします。


背景

当社は2009年、東京電波との共同開発品として水晶振動子の量産を開始し、2013年には自動車用水晶振動子XRCHA-F-Aシリーズ (2520サイズ) を16~24MHzの周波数範囲で商品化いたしました。

近年、自動車市場ではECUによる高度な制御が求められており、ECUの動作周波数の高周波化が進んでおります。そこで当社は、高周波へ対応可能な小型 (2016サイズ) かつ高精度な車載用水晶振動子を開発・商品化し、自動車市場における高周波化のニーズに対応してまいります。


特長

既存の水晶振動子にはない世界初となる独自のパッケージ技術を用い、品質や量産性、コストパフォーマンスに優れています。さらに、水晶素子の設計を最適化することで自動車の一般的な動作温度 (-40~+125℃) における周波数温度安定性を最小で-/+35ppmにまで縮めることに成功し、Ethernet*2などの次世代車載LANや画像処理ECUにも対応可能としました。当製品は、車載電装部品の信頼性試験規格であるAEC-Q200*3に準拠し、RoHS/ELV指令にも対応しております。


用途

  • ADAS*4-ECU (カメラ、ミリ波、レーザーなど)
  • パワートレインECU (エンジンECU、AT、EPS、ESCなど)
  • ネットワーク (Ethernet、CAN、FlexRayなど)
  • Gateway ECU
  • 画像処理ECU
  • 他自動車用ECU全般

品番

XRCGB-F-Aシリーズ

例:XRCGB24M000F3A00R0 (24MHz)
    XRCGB25M000F3A00R0 (25MHz)
    XRCGB27M000F3A00R0 (27MHz)
    XRCGB48M000F5A00R0 (48MHz) 


電気的性能

代表周波数の電気的特性

項目 単位 規格
 備考
公称周波数
MHz 24 25  27  48 左記以外の周波数についても
順次拡充していきます。
動作温度範囲
-40 to +125
 
周波数許容偏差
ppm ±30
±50 at +25±3℃
周波数温度安定性
ppm ±35 ±65 +25℃基準で換算
等価直列抵抗
ohm 120 100 80 60  
励振レベル
uW 300max.  
負荷容量
pF  6
 


外形寸法図



生産体制

2015年1月より富山村田製作所にて量産開始


用語説明

*1 振動子


 
電子回路をつかさどるIC (マイコン) にクロック信号を送る部品。
水晶の圧電特性を利用した振動子は「水晶振動子」と呼ばれ、
精度が高い信号を送ることができる。

*2 Ethernet




オフィスや家庭で一般的に用いられるLAN (Local Area Network) の規格。
自動車用次世代LANとしても車両導入が進んでいる。
IEEE802.3で規定されている100BASE-TXやOPEN Alliance SIGが
策定しているBroadR-Reach®などがある。

*3 AEC-Q200   


Automotive Electronics Councilが策定した、車載電装部品に
求められる信頼性試験規格。

*4 ADAS


Advanced Drive Assistance Systemの略。先進的運転支援システムとして、
カメラやミリ波による車両周辺センシング技術と、エンジン、ブレーキ、
ステアリング制御技術を組み合わせて安全性を高めたシステム。



ムラタについて

村田製作所はセラミックスをベースとした電子部品の開発・生産・販売を行っている世界的な総合電子部品メーカーです。独自に開発、蓄積している材料開発、プロセス開発、商品設計、生産技術、それらをサポートするソフトウェアや分析・評価などの技術基盤で独創的な製品を創出し、エレクトロニクス社会の発展に貢献していきます。
詳細はこちらのページをご覧ください。www.murata.com/ja-jp