光学応用製品波長板

水晶波長板は、水晶の複屈折性を利用し、常光線と異常光線の位相差を生じさせる光学素子です。DVD等のピックアップや液晶プロジェクターなどに使用されます。

CSACVXQ Series

単板タイプ

部品点数が少ない低コスト品です。

低次シングルブレート(単板) 通常対応
対応可能波長領域 632.8/650/780
対応可能位相差 1/2・1/4マルチ
板厚mm(接着剤含む) 0.8~10
最小サイズ(mm) 10□/φ14
最大サイズ(mm) 25□/φ30
透過波面精度 打合せにより決定

※特殊仕様については、お問合せ窓口、もしくはお近くの営業所までお問合せ下さい。

接着タイプ

0次モードのため入射光線の波長依存性が少なく、入射角変動による位相差の変化がほとんどありません。

0次ダブルプレート(複板) 通常対応
対応可能波長領域 632.8/650/780
対応可能位相差 1/2・1/4マルチ
板厚mm 0.4~10
最小サイズ(mm) 10□/φ14
最大サイズ(mm) 25□/φ30
透過波面精度 打合せにより決定

※特殊仕様については、お問合せ窓口、もしくはお近くの営業所までお問合せ下さい。