ワイヤレスベッドセンサ


非接触生体モニタリング用センサ
Bed Occupancy この製品は病院や施設、家庭でベッドに寝ている人の状態を非接触でモニタリングする設備の構成部品です。
ベッドに寝ている人に電極やケーブルを装着することなく脈拍、呼吸数、呼吸の時間などの生体信号が取得でき、これらのデータをお客様のシステムでまとめることによって、ベッドの離床検知や睡眠状態の分析なども可能です。

SCA11H Sensor Node

  • 加速度センサ、マイクロコントローラ、Wi-Fiをワンパッケージ化したセンサノード
  • ソフトウェアソリューションプロバイダ、システムインテグレータ向け製品

BCGMCUリファレンスデザイン

  • 事前にプログラムされたMCUと高感度なSCL3300を使用したリファレンスデザイン

Murata Icon X 製品説明

この新しいベッドセンサはBCG(心弾動)の原理を応用しています。
心臓が鼓動する時、大動脈から動脈へと流れる血液の動きによって体に振動が生じます。
人がベッドに寝ている時には、この振動によってベッドがわずかに振動します。
このベッドセンサでは超高感度の加速度センサによりこの微小な振動を捉えています。
さらにマイクロコントローラに組み込まれたアルゴリズムによって脈拍などの生体信号を抽出します。これらの製品によって抽出した生体信号をお客様のシステムでまとめることによって、以下の各種生体信号やベッドの状態を検知することが可能になります。

  • 脈拍
  • 呼吸数
  • 心拍変異度(ストレスレベルに相関)
  • 吐出する血液量
  • ベッドの状態検知(ベッドに人がいる、いない、または動いている状態)

Murata Icon X 資料