CO2 センサ

長期安定性と高い測定精度を実現

CO2センサは2波長(測定用、リファレンス用)NDIR*1方式を利用した独自の検量線アルゴリズムと、独自の機構設計・自動校正により、長期安定性と高い測定精度を有しメンテナンスフリーを実現しました。

農業向けではグリーンハウスや植物工場内に設置して二酸化炭素濃度をモニタリングし、光合成に必要な二酸化炭素を供給(CO2施用)することで、植物の収量アップに貢献します。

BEMS*2向けではビル空調用ダクト内にCO2センサを設置し、二酸化炭素濃度をモニタリングすることで必要なときにのみ換気を行い、ビル全体の省エネに貢献します。

今後は、様々な制御システムとの親和性を向上すべく、出力インターフェースの拡充を行っていきます。

*1 NDIR:Non-Dispersive Infrared(非分散型赤外吸収)

気体固有の赤外線吸収波長帯の光量変化を測定することで、気体の濃度を測定する方式。

*2 BEMS:Building Energy Management System

空調、電気、給排水、防災・防犯等の設備をコンピュータで総合的に管理するシステム。
室内環境の向上や省エネの推進などに貢献する。

Murata Icon X 製品ラインアップ

Murata Icon X CO2センサの用途例

長期安定性に優れたCO2センサが望まれているスマート農業、ビル空調制御用途に開発されています。

スマート農業用、グリーンハウス向け

グリーンハウス、植物工場において、CO2濃度管理による光合成促進、収量アップを目的として利用されています。

ビル空調制御用、BEMS向け

CO2濃度に応じた換気制御により省エネ貢献を目的として利用されています。
(ビル管理法における空気環境測定基準:CO2濃度1000ppm以下)

Murata Icon X CO2濃度管理の課題とムラタの強み

CO2濃度管理の様々な課題に対して、ムラタのCO2センサが活用できます。


農業・グリーンハウスの課題
  • 湿度の影響や経年劣化による測定値の変動
  • 測定値が真値より高めにずれることでの収量ダウン
  • 測定値が真値より低めにずれることでのエネルギー(燃料費)のロス
  • 手動校正タイプのCO2センサは、CO2センサの取り外しやハウス開放が必要となる
ビル空調制御、BEMSの課題
  • 経年劣化による測定値の変動
  • ビル管理法によるCO2濃度の管理基準(1000ppm)
  • ドリフトを想定した設定値による空調のエネルギーロス
  • CO2センサは、高所などアクセスしにくい場所に設置されており、
    校正には基準ガスも必要なため校正作業が困難
ムラタのCO2センサの強み
  • 独自のアルゴリズムと構造による長期安定性を実現によりメンテナンスフリー
    (例 ビル空調用で約10年 ※使用環境による)
  • システム組み込み用のモジュール品のほか、
    設置が容易な農業用ケース・ケーブル付きモデルをラインアップ
  • ビル空調用ダクトへの取付けモデルで置き換えが容易
  • サージ対策電源回路を内蔵

CO2センサの技術説明