ストップ・アンド・スタートシステム

ストップアンドスタートシステム(呼称はOEM先による)は、車両停車時に内燃エンジンをアイドリングさせる代わりに、エンジンを停止させることによって燃料消費を抑えるシステムです。このシステムは、言うまでもなく、車両の停止タイミングを認識する必要があるばかりではなく、エンジンをかけながら、慣性センシングを用いてブレーキで車両を適切な場所に停止させます。また、アプリケーション要件は、電子式パーキングブレーキと同様であり、ほとんどの場合、測定機能がESCシステムに統合されています。

アプリケーション事例 :自動車用ページへ戻る >