開放型超音波センサ

Open Type
空中超音波センサは、金属板と圧電セラミックスを貼り合わせた構造の振動子に共振子を結合した複合振動体をベースに弾性固定し、ケースに収納した構造となっています。
ここで共振子は、振動により発生した超音波を効率良く空中に放射し、また、空中からの超音波を振動子の中央部分に効果的に集中させるため、ロート形状となっています。
開放型超音波センサでは、‘音圧‘が最も重要なスペックです。
たとえば、距離計測に用いる場合、音圧が大きければ大きいほど、長距離の計測が可能となります。
  

お奨め品を選ぶ >MA40S4S, MA40S4R, MA40H1S-R

開発ツールのご案内

Texas Instruments社から、超音波センサ動作用ICが紹介されています。
ご評価及び実際の動作回路設計にお役立てください。

Texas Instruments社 超音波ICサイトはこちら

Murata Icon X シリーズラインアップ