空中超音波センサ

Ultrasonic Sensor
空中超音波センサは、超音波を空中に放射し、物体からの反射波を検知することによって、侵入者警報装置や自動ドアなどの物体検知、あるいは自動車の後方検知装置などの距離計に用いられています。

Murata Icon X 製品ラインアップ

ムラタでは、長年培ってきた独自の圧電セラミック技術により、小型・高性能の空中超音波センサを商品化し、各種取りそろえています。

中心周波数:300kHz
サイズ:φ9.9mm, t=7.3mm
高分解能 

リードタイプ
中心周波数:40kHz
サイズ:φ9.9mm, t=7.1mm
送信受信専用タイプ

SMDタイプ(表面実装対応)
中心周波数:40kHz
サイズ:5.2×5.2mm, t=1.15mm
送信受信兼用タイプ

中心周波数:58kHz 他
サイズ:φ14mm
送信受信兼用タイプ