ピンタイプ 圧電サウンダを正しくお使いいただくために No.2

実装前のお願い
対象シリーズ:PKMシリーズ(ピンタイプ)

裏蓋ピンと基板を固定してください。

異音(ビビリ音)が発生する可能性があります。


<不具合発生のメカニズム>

発音時の振動により、裏蓋ピン※が、基板に繰り返し衝突することで、異音が生じることがあります。
また、その衝撃が基板上で伝播し、基板と他部品とがぶつかることによっても、異音が発生することがあります。

※裏蓋ピン(樹脂ピン・ボス):製品を実装後に基板上で安定させるためにあります。

図1.裏蓋ピンと基板が衝突 

<参考>

異音を抑制するために確実に固定されたい場合は、接着剤を用いて裏蓋ピンと基板を固定してください。
このほか、サウンダ以外の部品、基板を十分に固定してください。