セラミックコンデンサのFAQ

実装

MSLとは何ですか?

MSLとはJEDECの規格であり、製品の吸湿と実装時のリフローにより、製品に含まれる水分の気化による体積膨張が発生して故障に至るという現象を対象としています。これに対してそのリスクを表わしたレベルが、「MSL=Moisture Sensitivity Level」です。レベルの数字が大きいものほどリスクが高く、レベル2以上で吸湿を防止する必要があります。よって、レベル2以上の製品は一定期間でベーキング処理し、テーピングしたリールを乾燥剤と共にアルミパックに梱包しなければなりません。

<関連FAQ>
FAQ改善アンケートにご協力ください。
このFAQはお役に立ちましたか?
宜しければこのFAQについてのご意見・ご要望をお聞かせください。
お客様のご意見はFAQの改善にご利用させていただきます。
※このフォームでいただいたご質問・ご要望への返信は行なっておりません。
送信する
製品についてのご質問は お問合せフォーム からご連絡ください。