セラミックコンデンサのFAQ

品質/信頼性

チップ積層セラミックコンデンサについて輸送時の注意点はありますか?

  1. 輸送中、テープなどの包装形態のものも含め、極端な温度、湿度および機械的な力に対してコンデンサを保護してください。
    ・機械的条件
    輸送は、箱が変形せず、また、内部包装物に直接力が伝わらない方法で行ってください。

  2. コンデンサに過度の振動、衝撃、圧力を加えないでください。
    (1) コンデンサの本体はセラミックスなので、過度の機械的衝撃や圧力が加わると、破損やクラックが発生する場合があります。
    (2) コンデンサ表面に鋭利なもの(エアドライバ、はんだこて、ピンセット、シャーシのエッジなど)が強く当るとショートなどになる場合があります。

  3. 落下などによって、過度の衝撃が加わったコンデンサは使用しないでください。
    落下したコンデンサは、既に品質が損なわれている場合が多く、故障危険率が高くなる場合があります。

*詳しくは、以下をご参照ください。

<関連FAQ>

> 低温によるクラックの懸念事項はありますか?

> チップ積層セラミックコンデンサにクラックが発生した場合、どのようなメカニズムで故障するのでしょうか?

FAQ改善アンケートにご協力ください。
このFAQはお役に立ちましたか?
宜しければこのFAQについてのご意見・ご要望をお聞かせください。
お客様のご意見はFAQの改善にご利用させていただきます。
※このフォームでいただいたご質問・ご要望への返信は行なっておりません。
送信する
製品についてのご質問は お問合せフォーム からご連絡ください。