セラミックコンデンサのFAQ

特性

金属端子付きのKRMシリーズやKCMシリーズは音鳴き対策やたわみクラック対策として有効ですが、金属端子が付く分、ESRが増加しませんか?一般用のGRMシリーズと比較してどのくらい悪くなるのか教えてください。

金属端子が付くことによってその分の抵抗成分が増えますので、一般用のGRMシリーズと比較すると、ESRやインピーダンスが高くなります。
以下に各種コンデンサのインピーダンス特性を示します(代表データ)。
約1MHz以上の領域では、MLCCよりも金属端子付きコンデンサの方がインピーダンスは高くなりますが、アルミ電解コンデンサやタンタルコンデンサ、フィルムコンデンサと比較すると、インピーダンスは低くなっています。
ここでは一例を示しましたが、ご使用されるコンデンサによってインピーダンス特性は異なりますので、事前にご確認の上ご使用ください。

FAQ改善アンケートにご協力ください。
このFAQはお役に立ちましたか?
宜しければこのFAQについてのご意見・ご要望をお聞かせください。
お客様のご意見はFAQの改善にご利用させていただきます。
※このフォームでいただいたご質問・ご要望への返信は行なっておりません。
送信する
製品についてのご質問は お問合せフォーム からご連絡ください。