セラミックコンデンサのFAQ

実装

GMA/GMDシリーズのダイボンド/ワイヤーボンド取り付けに関する注意点はありますか?

  1. コンデンサの取り付け
    ・使用材料
    ろう材:80Au-20Sn  300~320℃ N2雰囲気
    ・取付け方法
    (1) 使用するろう材により融点が異なるため、ろう材とあわせてホットプレート温度を調整してください。
    (2) コンデンサ取付け部にろう材を置き、その上にコンデンサを置き、N2ガス雰囲気中のホットプレート上に乗せコンデンサを軽く押さえ取り付けてください。

  2. リード線の取り付け
    ・リード線材料
    Auワイヤー:25μm
    ・取付け方法
    (1) 熱圧着もしくは超音波ボールボンダーを推奨します。
    (2) ステージ温度を150℃~200℃に調整してください。
    (3) 荷重は0.2N~0.5Nに調整してください。
    (4) 金ワイヤーにてコンデンサとベース基板もしくは隣接する他素子間との配線を行ってください。


その他の注意・使用上の注意については以下をご確認ください。


<製品情報>

> ボンディング対応上下電極品[GMAシリーズ]

> ボンディング / AuSnはんだ対応品[GMDシリーズ]

FAQ改善アンケートにご協力ください。
このFAQはお役に立ちましたか?
宜しければこのFAQについてのご意見・ご要望をお聞かせください。
お客様のご意見はFAQの改善にご利用させていただきます。
※このフォームでいただいたご質問・ご要望への返信は行なっておりません。
送信する
製品についてのご質問は お問合せフォーム からご連絡ください。