AMRセンサ (磁気スイッチ)のFAQ

動作回路

チャタリング

  • ON・OFF直後の短い時間の間にON・OFFを繰り返す状態のこと。
  • AMRセンサではチャタリングはありませんが、電源・コンデンサの有無によりチャタリングと似たような動作をすることが稀にあります。

    事象としては
    • AMRセンサの電源電圧を1次側の電圧が高いからと抵抗で分圧し調整している。
    • AMRセンサの近くにコンデンサがない
    などです。

    AMRセンサの内部間欠動作では電流を大きく消費する瞬間があります。この時電源に余裕が少ないと一時的に電圧がドロップして正しい出力にならないことがあります。さらにONするぎりぎりの磁界ではこの状況がおきる可能性が高くなることがあります。
    動作としてはチャタリングのようにHi・Loを繰り返すことがありますので注意して下さい。(分圧しない、大きめのコンデンサを近くに置くなどの対策が必要です。)
FAQ改善アンケートにご協力ください。
このFAQはお役に立ちましたか?
宜しければこのFAQについてのご意見・ご要望をお聞かせください。
お客様のご意見はFAQの改善にご利用させていただきます。
※このフォームでいただいたご質問・ご要望への返信は行なっておりません。
送信する
製品についてのご質問は お問合せフォーム からご連絡ください。