AMRセンサ (磁気スイッチ)のFAQ

特性

ホールICとの差別化ポイントは?

  • 磁界の検知方向が異なります。センサの真上に磁石があるとき、磁石のNSの向きを垂直に置くのがホールIC配置。水平に置くのがAMRです。
  • 磁石のN・S極付近は磁力が強いため、近くにクレジットカードなどの磁気データがあるとカードのデータに影響することがありますのでスマートフォンやノートPCなどの電子機器で磁石を垂直方向に置けない場合はAMRが有利になることがあります。(水平配置だと磁気データが消失しないということではありません。)
  • 磁石の位置が大きく変更できないとき、AMRセンサは磁力線の向きでOFFすることができます。これを利用して極めて短いストロークのスイッチ、回転検知などへの応用ができます。

詳細は、AMRセンサ(磁気スイッチ)他方式との違いをご覧ください。

磁気センサ 基礎知識ー AMRセンサ (磁気スイッチ)とホールICの違い

FAQ改善アンケートにご協力ください。
このFAQはお役に立ちましたか?
宜しければこのFAQについてのご意見・ご要望をお聞かせください。
お客様のご意見はFAQの改善にご利用させていただきます。
※このフォームでいただいたご質問・ご要望への返信は行なっておりません。
送信する
製品についてのご質問は お問合せフォーム からご連絡ください。