AMRセンサ (磁気スイッチ)のFAQ

特性

素子とIC

AMRセンサにはアナログ出力タイプとデジタル出力タイプがあります。
素子はアナログ出力タイプを指します。磁石の近付き方や磁石の回転位置をアナログ出力で取り出せます。アナログ出力は信号処理側の性能により分解能を大きくとることができます。

ICは素子と同じ基板上にデジタル処理を行う回路です。
受ける磁界の強さによってアナログで変化する電位差が一定の閾値を越えると出力が変わります。出力はHiかLoのどちらかしかないため、信号処理が簡単です。
FAQ改善アンケートにご協力ください。
このFAQはお役に立ちましたか?
宜しければこのFAQについてのご意見・ご要望をお聞かせください。
お客様のご意見はFAQの改善にご利用させていただきます。
※このフォームでいただいたご質問・ご要望への返信は行なっておりません。
送信する
製品についてのご質問は お問合せフォーム からご連絡ください。