AMRセンサ (磁気スイッチ)のFAQ

特性

リードスイッチとの差別化ポイントは?

  • リードスイッチはメカ接点のあるスイッチですので接点寿命があり、衝撃や振動に弱い点があります。
    (製品納品後、リードスイッチが動作不良になったことはありませんか?移動中や取り付け時などで強い衝撃を受けたかもしれません。)
  • AMRセンサはリードスイッチより耐衝撃性が高く、サイズも小さいです。
  • 磁石の位置が大きく変更できないとき、AMRセンサは磁力線の向きでOFFすることができます。これを利用して極めて短いストロークのスイッチ、回転検知などへの応用ができます。
  • 磁界の検知方向がリードスイッチと同じであるため、リードスイッチで使用していた磁石そのままでもAMRセンサに適用できる可能性があります。同じ磁石で動作するかはシミュレーションツールで事前に目安の確認ができます。

    AMRセンサ シミュレーションツール

  • 対してAMRセンサはスイッチング回路を内蔵しており、センサの動作のために電源が必要なります。配線数が異なったり、センサ内で消費電流が生じる点があることご注意ください。

    詳細は、AMRセンサ(磁気スイッチ)他方式との違いをご覧ください。

    AMRセンサ 基礎知識ー AMRセンサ (磁気スイッチ)とリードスイッチの違い

FAQ改善アンケートにご協力ください。
このFAQはお役に立ちましたか?
宜しければこのFAQについてのご意見・ご要望をお聞かせください。
お客様のご意見はFAQの改善にご利用させていただきます。
※このフォームでいただいたご質問・ご要望への返信は行なっておりません。
送信する
製品についてのご質問は お問合せフォーム からご連絡ください。