圧電発音部品のFAQ

実装

圧電サウンダ、圧電ブザーへのはんだ付け条件について教えてください。

圧電サウンダ・圧電ブザーのはんだ付け条件は以下のようになります。

なお、溶解はんだが本製品の端子根元に接触しますと、樹脂ケースが溶解し、特性不良に至る可能性があります。片面基板をご使用ください。

はんだ付け条件
1. ピンタイプ品の「フローはんだ付け」条件
  • 溶解はんだ温度:±260℃±5゚C
  • 時間:10±1秒以内
  • 裏蓋の端子出口から1.5mmを除く端子部分
2. ピンタイプ品の「はんだコテではんだ付け」条件
  • コテ先温度:350±5゚C
  • はんだ付け時間3.0±0.5秒以内
  • 裏蓋の端子出口から1.5mmを除く端子部分
3. リード線タイプのリード線を「はんだコテではんだ付け」条件
  • コテ先温度:350±5゚C
  • はんだ付け時間:3.0±0.5秒以内
4. 面実装タイプのリフローによるはんだ付条件は図1.にて、2回以内です。
Soldering Profile
図1
FAQ改善アンケートにご協力ください。
このFAQはお役に立ちましたか?
宜しければこのFAQについてのご意見・ご要望をお聞かせください。
お客様のご意見はFAQの改善にご利用させていただきます。
※このフォームでいただいたご質問・ご要望への返信は行なっておりません。
送信する
製品についてのご質問は お問合せフォーム からご連絡ください。