セラミック発振子(セラロック)のFAQ

動作回路

スプリアス発振とは何ですか。

セラロックは大きく分けてkHz帯とMHz帯の2種類のシリーズがあります。これらは振動モードにより区別されていますが、どのセラロックでもメインの振動とは異なった振動 (寄生振動) を持っており、この寄生振動での発振がスプリアス発振となります。この寄生振動の様子は HP4294 (Agilent Technologies社製) の様なインピーダンス・アナライザを使用して確認することができます。

一般にどの様な発振子でも奇数次のオーバートーン振動をもっていますが、CSTCW/CSACW-Xシリーズ(*1)など元々3倍波のオーバートーンを使用している発振子以外は、ほとんどの場合オーバートーンによるスプリアス発振は見られません。

オーバートーンによるスプリアス発振は、発振している周波数で確認できます。目的の周波数のほぼ3倍の周波数で発振していれば、3倍波のオーバートーンでスプリアス発振していることになります。CSTCW/CSACW-Xシリーズなどは、3倍波が目的の発振周波数となるため、スプリアス発振としては基本波 (1/3周波) や5倍波 (5/3周波) の振動によるものが考えられます。

*1) CSTCW/CSACWシリーズ
生産中止を検討中の製品です。 継続供給のみの対応となり、新規のご採用は控えていただきたい製品です。
FAQ改善アンケートにご協力ください。
このFAQはお役に立ちましたか?
宜しければこのFAQについてのご意見・ご要望をお聞かせください。
お客様のご意見はFAQの改善にご利用させていただきます。
※このフォームでいただいたご質問・ご要望への返信は行なっておりません。
送信する
製品についてのご質問は お問合せフォーム からご連絡ください。