高周波インダクタ - 3D CAEデータ(Femtet®向け)

ムラタソフトウェア株式会社CAEソフトFemtet®にて使用可能な高周波インダクタの3Dシミュレーションモデルです。

当データのダウンロードにあたっては、下記の点をご確認のうえ、「上記に同意します」にチェックを入れた上で、ダウンロードを行ってください。

当社CAEデータのご使用に関するご注意
  • 本モデルは各製品の構造を模擬したものであり、本モデルを用いて計算された結果の値を保証するものではありません。

  • 当メニューに掲載の3Dシミュレーションモデルは、代表的な寸法を基準に作成しているため、実際の製品の寸法と相違がある場合があります。ご注文に際しては、納入仕様書をご要求いただきご確認下さい。

  • 記載内容について、改良のため予告なく変更することや供給を停止することがございますので、ご注文に際してはご確認ください。


 


ダウンロードしたいシリーズ名にチェックを入れ、表の右上・下のダウンロードボタンをクリックしてください。複数のシリーズをまとめてダウンロードすることも可能です。

高周波インダクタ(コイル) 更新日   2015/06/24

ダウンロード
サイズ/構造 シリーズ
0402
フィルムタイプ
0603
フィルムタイプ
チップインダクタの検索はこちら

Murata Icon X 本モデルの使用方法

※本CAEデータは、Femtet®2015.0以降のバージョンでご利用になれます。
※本CAEデータは、電磁場解析 (Hertz) でのみご利用になれます。
  • Femtet®でのCAEデータの使用方法については、
    「Femtetヘルプ」⇒「モデリング」⇒「ブラックボックスデータベース」の項目をご覧ください。
    また、CAEデータを使用した例題を
    「Femtetヘルプ」⇒「例題集」⇒「電磁場解析 (Hertz) 」⇒
    「例題31 ムラタ製品のCAEデータを使用した解析 (RFインダクタ) 」の項目に記載しております。
    あわせてご覧ください。
  • LQP02TN_02/LQP03TG_02/LQP03TN_02の各シリーズの上面は、方向識別マークが存在する面になります (図1) 。
  • LQP02TQ_02/LQP03HQ_02の各シリーズの底面は、両端の外部電極が回り込む面が底面となります (図2) 。
図1 LQP02TN_02/LQP03TG_02/ LQP03TN_02シリーズの外観図
図2 LQP02TQ_02/LQP03HQ_02シリーズの外観図
図1 LQP02TN_02/LQP03TG_02/LQP03TN_02
シリーズの外観図
図2 LQP02TQ_02/LQP03HQ_02
シリーズの外観図