コモンモードチョークコイル - SimSurfingでできること

以下では、コモンモードチョークコイルを対象として、SimSurfingで何ができるかをご紹介いたします。

お探しのコモンモードチョークコイルを見つける

以下のように、さまざまな条件からコモンモードチョークコイルを探すことができます。

  1. 用途:一般用/自動車用
  2. スペック:コモンモードインピーダンス、外形寸法、定格電流、定格電圧など
  3. ムラタ品番
コモンモードチョークコイルのSimSurfing画面


特性を確認する

コモンモードチョークコイルのさまざまな特性をグラフ表示できます。
  

インピーダンス、ESR、リアクタンス(コモンモード/ディファレンシャルモード共通)、シングルエンドの伝送特性(S21など)と反射特性(S11など)、ミックストモードの伝送特性(Sdd21など)と反射特性(Sdd11など)

グラフでは、複数のアイテムの特性を重ね描きできるため、容易に特性比較ができます。

※グラフのXY軸においては、Linear/Logの切替えと表示範囲の設定ができます。


グラフ重ね書きの例


回路シミュレーションで利用するデータを入手する

SimSurfingにて表示される製品は、市販およびフリーの回路シミュレーションにおいて利用できるSパラメータとSPICEモデル(Netlist)をダウンロードいただけます。


SパラメータとSPICEモデル(Netlist)のダウンロード方法