金属対応のRAIN RFIDタグを商品化

2017/09/11

株式会社村田製作所
代表取締役会長兼社長 村田 恒夫

要旨
株式会社村田製作所は、金属面に取り付けることが可能なRAIN*1 RFIDタグ”LXFLANMXMG-003”を商品化し、年内に量産を開始します。工事現場の資材や工具、IT機器、物流カートやコンテナなどの金属物の管理が主な用途となります。
なお、当製品は、2017年9月13日~15日に東京ビッグサイトで開催される第19回自動認識総合展に出展いたします。

概要
金属面へのRFIDタグの取り付けは、RFIDリーダーから放射される電波が金属面で反射することによって、通信が遮断される課題があります。これに対して、当社で保有している多数の金属対応RFIDタグの特許技術を活用し、金属面をアンテナの一部として利用できる本製品を商品化しました。当社の金属対応RAIN RFIDタグの使用により、例えば目視での識別や保管場所の特定が難しいコンテナや工具などの金属物の在庫管理が容易におこなえます。

特徴
  • 堅牢で防水性能。IP68規格
  • 製品サイズは25 x 85 x 4.5mm
  • Impinj社の高性能Monza® R6PタグICを使用
  • UHF RFID規格ISO18000-63、EPC Global Gen2v2に準拠
  • 最大10mの長距離通信が可能(4W EIRP)
  • UHFのグローバル帯(865MHz-928MHz)に対応予定

補足

本製品は、Impinj Monza® R6P(RFIDタグのIC)と当社が設計するタグで、良好な受信感度と高い読み取り性能を確保しています。またIP68規格で防水性能のため、屋外での使用も可能です。Monza® R6Pは96ビットのEPCメモリと64ビットのユーザーメモリがあり、タグの所有者は内部管理番号を追加でエンコードすることができます。RAIN RFIDとそのクラスで最高のノウハウを持つImpinjのプラットフォームとともに、当社は高付加価値なソリューションを提供していきます。


Impinji社 プロダクトマネージメントシニアディレクター Carl Brasel氏のコメント

村田製作所は、今回は金属という課題に対して、対象物と同化するタグを設計する事でRFの問題を解決してくれました。産業領域では、過酷な環境下でも高性能を発揮するタグを待ち続けてきました。ImpinjのMonza® R6Pを搭載した村田製作所の金属対応タグ “LXFLANMXMG-003” は、信頼のできるRAIN RFIDで新たな市場を創出していきます。

*ImpinjとMonzaはImpinj Incによる登録商標です。

製品サイト

LXFLANMXMG-003シリーズ
シリーズラインアップはこちらをご覧ください。


用語説明

*1 RAIN: UHF帯RFID技術を普及させる為のグローバルアライアンス。ISO/IECにて規格化された18000-63のGS1 UHF Gen2のプロトコルを使用する。


ムラタについて

村田製作所はセラミックスをベースとした電子部品の開発・生産・販売を行っている世界的な総合電子部品メーカーです。独自に開発、蓄積している材料開発、プロセス開発、商品設計、生産技術、それらをサポートするソフトウェアや分析・評価などの技術基盤で独創的な製品を創出し、エレクトロニクス社会の発展に貢献していきます。
詳細はこちらのページをご覧ください。www.murata.com/ja-jp