自動車向け積層セラミックコンデンサ(GCMシリーズ)のラインアップ追加

  • コンデンサ(キャパシタ)

2021/05/27

株式会社村田製作所(以下、「当社」)は、自動車の12Vライン平滑用途向けに2012Mサイズ、定格25Vにおいて最大容量となる10uFの積層セラミックコンデンサ「GCM21BC71E106ME36」(以下、「本製品」)を開発し、2021年2月より量産を開始しています。

近年、自動運転システムや電気自動車の普及による電動化が進んでいます。これにともない、車1台に搭載される積層セラミックコンデンサの数が急激に増加しています。そのため、部品の小型化や静電容量の拡大、より高い安全性が求められています。

本製品は、当社独自の薄層化技術により、当社3216Mサイズの積層セラミックコンデンサに比べて体積比で約63%の小型化を実現しました。これにより、基板スペース削減に貢献します。
また、長期信頼性の高温負荷試験において最高使用温度、定格電圧×150%、1000hを保証しており、当社従来製品と同等の高信頼性を実現しています。

製品詳細はこちらをご覧ください。

ムラタについて

村田製作所はセラミックスをベースとした電子部品の開発・生産・販売を行っている世界的な総合電子部品メーカーです。独自に開発、蓄積している材料開発、プロセス開発、商品設計、生産技術、それらをサポートするソフトウェアや分析・評価などの技術基盤で独創的な製品を創出し、エレクトロニクス社会の発展に貢献していきます。
詳細はこちらのページをご覧ください。www.murata.com/ja-jp