世界で初めて1005Mサイズで最大静電容量10µFの自動車向け積層セラミックコンデンサを商品化

  • コンデンサ(キャパシタ)

2021/07/21

株式会社村田製作所(以下、「当社」)は、世界で初めて自動車のパワートレイン/セーフティ向けの1005M(1.0×0.5mm)サイズにおいて最大の静電容量となる10µFの積層セラミックコンデンサ「GCM155D70E106ME35」を開発し、このたび量産を開始しました。

  • 当社調べ。2021年7月20日時点。

近年、ADAS(先進運転支援システム)や自動運転など自動車の高機能化にともない、自動車1台に搭載されるプロセッサ数が増加し、これらが正しく作動するために必要な積層セラミックコンデンサの搭載数も増えています。このような背景から、自動車向けの積層セラミックコンデンサは、員数削減による面積削減および信頼性向上を図るため、小型大容量化および低ESL化による高周波特性向上が求められています。

当社は、独自のセラミックおよび電極材料の微粒化・均一化による薄層成形技術と高精度積層技術を用いることで、10µFの静電容量を持つ当社の従来品(1608Mサイズ)に比べ、実装面積比で約50%、体積比で約70%の小型化を実現しました。

今後も市場ニーズに対応したラインアップ拡充に取り組み、自動車の高性能化・高機能化に貢献していきます。

製品情報

製品の詳細はこちら(GCM155D70E106ME35)をご覧ください。

ムラタについて

村田製作所はセラミックスをベースとした電子部品の開発・生産・販売を行っている世界的な総合電子部品メーカーです。独自に開発、蓄積している材料開発、プロセス開発、商品設計、生産技術、それらをサポートするソフトウェアや分析・評価などの技術基盤で独創的な製品を創出し、エレクトロニクス社会の発展に貢献していきます。
詳細はこちらのページをご覧ください。www.murata.com/ja-jp