車載電源向け世界最小サイズのフェライトビーズを商品化

  • ノイズ対策部品/EMI除去フィルタ/ESD保護デバイス

2020/06/09

株式会社村田製作所
代表取締役会長兼社長 村田 恒夫

株式会社村田製作所は、車載電源ライン向けに世界最小サイズ※1のチップフェライトビーズ(ノイズ対策部品)として、「BLM18SP_SH1シリーズ」(以下、「本製品」)を商品化しました。サンプル出荷を開始しており、2020年6月から量産を開始します。
※1 インピーダンス値30Ωで定格電流値6Aから、インピーダンス値1kΩで定格電流値1.2Aの製品として世界最小サイズ。当社調べ。6月8日時点。
近年、自動車の電装化が進み、ADAS※2をはじめとする自動運転技術の確立に向けて、多数のカメラ、レーダー、LiDAR※3、ECU※4などが搭載されるようになっています。多数の車載部品を正しく機能させ、高度な安全性を実現するためには電源ラインのノイズ対策を行い、各部品に安定した電源供給を行うことが重要となります。車載部品の点数増加により、ノイズ対策部品には、ノイズ対策機能の向上とともに小型化が求められています。
※2 Advanced Driving Assistance System:先進運転支援システム。
※3 Light Detection and Ranging:レーザー光を照射することにより車両周辺の障害物を検出するシステム。
※4 Electronic Control Unit:自動車の電子制御装置。
本製品は、内部電極形成技術を活用した新構造の設計により、インピーダンスの取得効率化と大電流化につながる低抵抗を実現しています。また、1608サイズ(1.6㎜×0.8㎜)での商品化を実現したことで、従来の主流製品である2012サイズ(2.0㎜×1.25㎜)と比べ、部品占有面積を50%省スペース化しています。これにより、車載機器の電源ライン設計の自由度向上や、車載機器のさらなる小型化により自動運転システムの高度化に貢献します。

当社は車載電源向けの本製品のほか、車載インフォテイメント向けBLM18SP_SZ1シリーズ、民生品向けBLM18SP_SN1シリーズも、1608サイズで製品化しています。今後も市場ニーズに対応した製品の開発に取り組み、自動車の高性能化・高機能化に貢献していきます。

本製品の特長

  • 従来品のBLM21PGシリーズと比較して、本製品は部品占有面積を約50%に
  • AEC-Q200※5に対応
  • 当社既存製品(BLM18PG221SH1)に比べ、定格電流値2倍、インピーダンス値3倍を実現
  • 最大定格電流6A、または最大インピーダンス1kΩまで対応(BLM18SP_SH1シリーズのラインアップとして)
  • インピーダンス値600Ω品で定格電流値1500mAは世界最小サイズ(BLM18SP601SH1)
※5 AEC-Q200:AEC (Automotive Electronics Council、車載電子部品評議会)が策定している規格のひとつ。

左右にスワイプ可能です 横持ちでご覧ください
品番 インピーダンス(Ω)(at 100MHz) 定格電流(mA)
インピーダンス 公差 at周囲温度 85°C at周囲温度 125°C
BLM18SP300SH1 30 ±10Ω 6000 4000
BLM18SP101SH1 100 ±25% 3700 2500
BLM18SP221SH1 220 ±25% 2800 1900
BLM18SP601SH1 600 ±25% 1500 1000
BLM18SP102SH1 1000 ±25% 1200 800

参考:既存製品
BLM18PG_SH1シリーズ
左右にスワイプ可能です 横持ちでご覧ください
品番 インピーダンス(Ω)(at 100MHz) 定格電流(mA)
インピーダンス 公差 at周囲温度 85°C at周囲温度 125°C
BLM18PG221SH1 220 ±25% 1400 1000

製品情報

(参考) 製品情報

BLM18SP_SZ1シリーズ(車載インフォテイメント向け)
BLM18SP_SN1シリーズ(民生品向け)

関連サイト

オンライン部品特性ビューアSimSurfing
本製品を含め、チップフェライトビーズの各種特性をオンラインで確認できます。

ムラタについて

村田製作所はセラミックスをベースとした電子部品の開発・生産・販売を行っている世界的な総合電子部品メーカーです。独自に開発、蓄積している材料開発、プロセス開発、商品設計、生産技術、それらをサポートするソフトウェアや分析・評価などの技術基盤で独創的な製品を創出し、エレクトロニクス社会の発展に貢献していきます。
詳細はこちらのページをご覧ください。www.murata.com/ja-jp