Wi-SUN認証920MHz帯無線通信モジュールを商品化

  • ワイヤレス接続プラットフォーム

2015/02/17

株式会社村田製作所
代表取締役社長 村田 恒夫


この製品は生産中止品です。


アンテナ内蔵タイプ: LBAA0ZZ1BR(左)と
アンテナ外付けタイプ: LBAA0ZZ1BS(右)

要旨

株式会社村田製作所は、920MHz帯無線通信モジュール(アンテナ内蔵タイプ: LBAA0ZZ1BR アンテナ外付けタイプ: LBAA0ZZ1BS)において、Wi-SUN Alliance*1が発行する国際無線通信規格「Wi-SUN(Wireless Smart Utility Network)」に準拠した認証を取得しました。2015年3月から量産を開始いたします。

なお、当製品は2015年2月25日(水)~2月27日(金)に東京ビッグサイトで開催される「国際スマートグリッドEXPO」にて展示いたします。


背景

近年、エネルギー利用の効率化を図る取り組みが進められる中、スマートメーターを活用した電力使用量の遠隔自動検針、需要者側の電力使用量の見える化、HEMS(Energy Management System)との連携による電力網の信頼性向上などが期待されています。また、これにともなってスマートメーターとHEMS機器を接続する通信(Bルート無線通信*2)へのニーズも高まっています。

当社では、Bルート無線通信に採用されている国際無線通信規格「Wi-SUN」に準拠した920MHz帯無線通信モジュールを商品化し、スマートメーターによるエネルギー利用の効率化に貢献してまいります。


特長

当社の920MHz帯無線通信モジュールは、スマートメーターとHEMS機器をBルート無線通信として接続することを目的とし、Wi-SUN Allianceの定める規格(Wi-SUN Profile for Echonet Route B)をサポートしています。当社はWi-SUN Allianceの設立当初からプロモーターメンバーとして参画しており、他社製品との相互接続性についてWi-SUN Allianceの接続試験の場を利用して確認してまいりました。
当モジュールは、小型・低背を実現すると同時に、回路設計を最適化することにより省電力を実現しています。これにより、お客様機器における設計自由度の向上と無線通信の省電力化に貢献いたします。
加えて、アンテナ内蔵タイプとアンテナ外付けタイプの2タイプをラインアップすることにより、お客様のご要望にマッチした提案を可能にしています。いずれのタイプも920MHz帯域特定小電力無線機器として日本の技術基準適合証明*3を取得しています。また、ファームウェアをモジュール内に搭載し、お客様の機器への導入が容易な仕様を実現しています。


用途

スマートメーターとHEMS間の無線通信(Bルート無線通信)


品番

LBAA0ZZ1BR(アンテナ内蔵タイプ)
LBAA0ZZ1BS(アンテナ外付けタイプ)


外形寸法

LBAA0ZZ1BR(アンテナ内蔵タイプ) 20×30×2.55mm
LBAA0ZZ1BS(アンテナ外付けタイプ) 20×25×2.55mm


生産体制

2015年3月より小松村田製作所にて量産開始


用語説明

*1 Wi-SUN Alliance…2012年1月に設立された無線通信規格の業界団体
                              http://www.wi-sun.org/
*2 Bルート無線通信…スマートメーターと屋内HEMS間の無線通信
*3 技術基準適合証明…電波法令の技術基準に適合していることを示すもの

ムラタについて

株式会社村田製作所は、ファンクショナルセラミックスをベースとした電子デバイスの研究開発・生産・販売を行っており、材料から製品までの一貫生産体制を構築しています。またムラタ製品の90%以上は海外で販売されており、国内外にグローバル会社を展開しております。