村田製作所がサイバートラスト社のセキュアIoTプラットフォームに対応した
MCU内蔵Wi-Fiモジュールを商品化
〜安心・安全なIoTネットワークに貢献〜

2019/10/09

株式会社村田製作所
代表取締役会長兼社長 村田 恒夫

株式会社村田製作所(本社:京都府長岡京市、代表取締役会長兼社長:村田 恒夫 以下、村田製作所)は、サイバートラスト株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:眞柄 泰利 以下、サイバートラスト)が提供するセキュアIoTプラットフォーム(以下、SIOTP*1)に対応したMCU*2内蔵Wi-Fiモジュール「Wireless MCU Modules(Type 1KR、Type 1KS)」(以下、本製品)を開発し、2019年10月より量産を開始します。

IoT 機器の普及とともに監視カメラやルータなどのIoT機器を狙ったサイバー攻撃が急増し、セキュリティ対策が課題となっています。本製品はIoT 機器を取り巻くセキュリティ対策の課題に対し、IoTデバイスの製造段階で本製品を組み込むことで必要な電子証明書の改廃管理やソフトウェアのアップデートを適切に行い、IoT機器のセキュリティ強化に貢献します。
また、長期間におけるアップデートを可能にするとともに、モジュールの小型化を維持したことで、電子回路の高密度設計・IoT機器のコンパクト化にも貢献します。村田製作所とサイバートラスト社は今後も市場のニーズに対応した研究開発に取り組み、幅広い用途に向けて安心・安全なIoTネットワークの構築に貢献していきます。



1. 主な特長

長期間のデバイス管理に対応
データの真正性とデバイスの実在性を担保し、10年以上の長期間にわたり、必要なソフトウェアのアップデートを適切に行うことが可能です。

容易に一括アップデートが可能
IoT機器の製造段階で本製品を組み込むことで、SIOTPの利用者は管理画面を通じて、利用者が管理するインターネットに接続されたデバイスの追加、削除、個別デバイスを安全にアップデートすることが可能です。

小型化によるIoT機器の省スペース化
村田製作所が持つ通信モジュールの設計・製造のノウハウを活かし、モジュールの小型化を維持したことで、電子回路の高密度設計・IoT機器のコンパクト化に貢献します。



2. 主な仕様

製品名 Type 1KR Type 1KS
サイズ 13.2 mm × 21.45mm × 2.65mm(長さ×幅×高さ)
通信方式 IEEE 802.11 b/g/n
重量 1.1g
アンテナ モジュール内蔵
Texas
Instruments社製
IC Chip
CC3220S CC3220SF
FWのOTAアップデート 不可*3
電波法認証 工事設計認証取得済み

本製品のエコシステム




*1 セキュアIoTプラットフォーム:生産段階からチップに埋め込んだ固有鍵を起点に証明書を用いて「いつ」「どこで」「何を使って」「誰が」といった多角的な認証によるデータの真正性や暗号化による機密性の確保、電子署名による改ざん防止など、デバイスのライフサイクル管理を行うサービスです。

*2 Micro Controller Unit:電子制御を行うために、コンピュータで演算処理を行う半導体チップのことです。

*3 個別対応となりますので、お問い合わせください。





【関連サイト】

MCU内蔵Wi-Fiモジュール「Wireless MCU Modules(Type 1KR, Type 1KS)」
について詳細はこちら


セキュアIoTプラットフォームについて詳細はこちら


ムラタについて

村田製作所はセラミックスをベースとした電子部品の開発・生産・販売を行っている世界的な総合電子部品メーカーです。独自に開発、蓄積している材料開発、プロセス開発、商品設計、生産技術、それらをサポートするソフトウェアや分析・評価などの技術基盤で独創的な製品を創出し、エレクトロニクス社会の発展に貢献していきます。
詳細はこちらのページをご覧ください。www.murata.com/ja-jp