世界最小のフェライトビーズ・ノイズフィルタを商品化
~IoT機器やウェアラブル機器などの小型化・高性能化に貢献~

2018/12/17

株式会社村田製作所
代表取締役会長兼社長 村田 恒夫

株式会社村田製作所(本社:京都府長岡京市、代表取締役会長兼社長:村田恒夫)は、IoT機器やウェアラブル機器などの小型化・高機能化に貢献する世界最小*1のフェライトビーズ・ノイズフィルタ「BLMMEシリーズ」(以下、本製品)を商品化しました。

1.開発の背景

電子機器において電源回路や信号回路で使われるノイズフィルタは、小型化・高性能化が進むスマートフォンには100個程度使われることもあり、スペース削減のために一層の小型化が必要となっています。このほか、次世代通信サービス(5G)により急速な市場拡大が予想されるIoT機器の分野においては、さまざまな小型機器に通信回路が組込まれることになり、超小型ノイズフィルタに対するニーズが高まることも予想されています。

本製品は、村田製作所の有する微細加工技術の精度をさらに向上させ、内部コイルを構成する積層部品のさらなる微細化を進めることで、底面積で従来比約50%の小型化を実現しています。

2.主な特長

世界最小サイズ
0.3×0.15×0.225mm(長さ×幅×高さ)の製品サイズにより、従来品*2の56%の底面積を実現しました。電子回路における実装面積の大幅な削減を可能とし、さらなる高密度回路設計に貢献します。

従来品と同等の特性・性能を維持
一般的にフェライトビーズ・ノイズフィルタは小型化するほどインピーダンス特性や直流抵抗特性が不利になる課題がありましたが、本製品は当社の微細加工技術により従来品と同等の性能を実現しています。
(性能:インピーダンス150Ω(100MHz)、直流抵抗0.70Ω)

3.今後の展開

本製品はフェライトビーズ・ノイズフィルタ「BLMMEシリーズ」として、一部サンプル出荷を開始しており、2019年6月から量産を開始する予定です。
出荷当初はインピーダンス150Ωの1品種による展開を行いますが、今後、市場・お客さまのニーズに応じてさまざまな特性を持った製品を開発していきます。
使用される用途としては、スマートフォンに留まらず、家庭内の各種家電製品、身につけるウェアラブル機器、自動運転など電装化が進む自動車、ドローン、産業機器といったさまざまな電子機器での利用を想定しています。


*1
  フェライトビーズ・ノイズフィルタとして世界最小。2018年11月末時点、当社調べ
*2
  0.4×0.2×0.2㎜のフェライトビーズ・ノイズフィルタとの比較

ムラタについて

村田製作所はセラミックスをベースとした電子部品の開発・生産・販売を行っている世界的な総合電子部品メーカーです。独自に開発、蓄積している材料開発、プロセス開発、商品設計、生産技術、それらをサポートするソフトウェアや分析・評価などの技術基盤で独創的な製品を創出し、エレクトロニクス社会の発展に貢献していきます。
詳細はこちらのページをご覧ください。www.murata.com/ja-jp