Analog Devices, Inc. の車載オーディオ・バス®に村田製作所のコモンモードチョークコイルが認定

2020/06/30

株式会社村田製作所のコモンモードチョークコイル「DLW32MH101XK2」が、Analog Devices, Inc. (以下、ADI社)の車載向けインターフェースである「車載オーディオ・バス®※1」に認定されました。これにより、お客様での評価を簡素化でき、部品を選定しやすくなりました。
※1 車載オーディオ・バス® (Automotive Audio Bus): ADI社によって開発された、音声系および制御系データ、クロック、電力を1本のシールドされていないツイストペア線で伝送する高速デジタル相互接続テクノロジー。業界最小のレイテンシ※2で高速伝送が可能。
「車載オーディオ・バス®」はAnalog Devices, Inc. の登録商標です。
※2 レイテンシ:転送要求を出してから実際にデータが送られてくるまでに生じる通信の遅延時間のこと。
近年、自動車業界では自動運転に向けた動きが加速しています。自動運転を実現するために、自動車に搭載する電子機器ユニットが増加しており、各ユニットを接続するワイヤーハーネス※3の軽量化がますます重要となっています。また、制御系データの伝送だけでなく、画像や音声系データの伝送にも高速差動伝送インターフェースの導入が進んでいます。
こうしたなか、配線集約型でデータ伝送の遅延影響を受けやすい用途で、制御系データや音声系データの伝送に車載オーディオ・バス®インターフェースが使われはじめています。
※3 ワイヤーハーネス:電極供給や信号通信用ケーブルを束ねたもの
このたび、当社の小型3225サイズ (3.2×2.5mm)コモンモードチョークコイル「DLW32MH101XK2」が、ADI社の車載オーディオ・バス®用のコモンモードチョークコイルに認定されました。当社は今後も、ワイヤーハーネスなどの軽量化を進め、自動運転の実現に貢献していきます。

製品サイト

製品詳細はDLW32MH101XK2をご確認ください。

関連サイト

差動インターフェースのセレクションガイド


ムラタについて

村田製作所はセラミックスをベースとした電子部品の開発・生産・販売を行っている世界的な総合電子部品メーカーです。独自に開発、蓄積している材料開発、プロセス開発、商品設計、生産技術、それらをサポートするソフトウェアや分析・評価などの技術基盤で独創的な製品を創出し、エレクトロニクス社会の発展に貢献していきます。
詳細はこちらのページをご覧ください。www.murata.com/ja-jp