BroadR-Reach®用コモンモードチョークコイルの商品化

2016/09/26

株式会社村田製作所
代表取締役社長 村田 恒夫

要旨

株式会社村田製作所は、車載Ethernet「BroadR-Reach®*1(100Mbps)」に対応したコモンモードチョークコイルDLW43MHシリーズを9月から量産を開始しました。当社ではこれまでの「CANBUS/FlexRay*2」に対応したシリーズに加え、この新シリーズの商品化により、自動車の運転支援用途に貢献してまいります。
なお本製品は、2016年10月4日~10月7日に開催されるCEATEC JAPAN 2016に展示します。

補足

自動車市場では、自動運転に向けた動きが加速しており、周辺検知として車載カメラの標準装備が進んでいます。そのためには大量のデータ伝送が可能な高速差動インタフェース(以下、I/F)が必要であり、民生市場で実績があるEthernetの車載版「BroadR-Reach®(100Mbps)」の導入が進んでいます。
ムラタでは、自動車の制御系I/F「CANBUS/FlexRay」用コモンモードチョークコイルで培った巻線技術をベースに、ワイヤ間の静電浮遊容量バランスをコントロールすることで、「モード変換特性」などの必要な特性を実現しました。今後、更なる小型化をはかり、お客様のご要望に迅速にお応えしてまいります。

特徴

  1. L4.5×W3.2×T2.7mm
  2. 200μH (at 100kHz) のコモンモードインダクタンスを実現
  3. AEC-Q200*3準拠

用途

自動車市場向け、特にBroadR-Reach®といった車載LANにおけるノイズ対策


品番

DLW43MH201XK2


特性図


電気的性能

品番
コモンモード
インダクタンス
at 100kHz
定格電圧 定格電流 直流抵抗 絶縁抵抗
DLW43MH201XK2
200uH
-25%/+50%
20V 110mA 4.5Ωmax. 10MΩmin.

外形寸法図

4.5×3.2×2.7 ±0.2 mm


用語説明

*1 BroadR-Reach®:OPEN Allianceによって定義された車載用イーサネットの規格。UTP(Unshielded Twist Pair cable)1組で100Mビット/秒を実現した車載インタフェース。BroadR-ReachはBroadcom社の登録商標です。
*2 CANBUS/FlexRay:CANはController Area Networkの略。FlexRayは車載向け通信バス・システムの標準規格
*3 AEC-Q200:「Automotive Electronics Council (車載電子部品評議会)」 の略


ムラタについて

村田製作所はセラミックスをベースとした電子部品の開発・生産・販売を行っている世界的な総合電子部品メーカーです。独自に開発、蓄積している材料開発、プロセス開発、商品設計、生産技術、それらをサポートするソフトウェアや分析・評価などの技術基盤で独創的な製品を創出し、エレクトロニクス社会の発展に貢献していきます。
詳細はこちらのページをご覧ください。www.murata.com/ja-jp