設計支援ソフトウェア「SimSurfing」に迅速・簡単な電源回路設計を支援する機能を追加

NewsArticleTitle

2018/08/21

株式会社村田製作所
代表取締役会長兼社長 村田 恒夫

村田製作所(本社:京都府長岡京市、代表取締役会長兼社長:村田恒夫)は、電子回路設計エンジニアに向けた電源回路の設計支援ソフトウェア「SimSurfing(シムサーフィン)」に、新たに「DC-DCコンバータ設計向けインダクタ/コンデンサ選択支援ツール(以下、DC-DCコンバータツール)」と「ノイズフィルタ選択支援ツール(以下、ノイズフィルタツール)」を追加します。DC-DCコンバータツールは既に提供を開始しており、ノイズフィルタツールは今夏の提供を予定しています。

SimSurfingは、回路を設計するデザインエンジニアや、部品を選択するコンポーネントエンジニア、購買担当者など幅広いエンジニアに向けたオンライン設計支援ツールです。村田製作所のウェブサイト(https://www.murata.com/ja-jp/tool/simsurfing)に接続して、いつでもWebブラウザから無料でご利用いただけます。コンデンサ、インダクタ、EMI除去フィルタ(フェライトビーズ、コモンモードチョークコイル)といった当社製品のインピーダンス特性や伝送特性、反射特性などの基本特性をグラフ表示でビジュアルを確認しながら迅速・簡単に最適なデバイスを選択することができます。

今回追加された2つのツールは、オンラインツールであるため、村田製作所が新しく製品化した部品の特性などが、いち早くSimSurfing用にライブラリー化されます。エンジニアは最新のリストから最適な部品を選んでDC-DCコンバータやノイズフィルタを設計することができます。村田製作所が長年培った設計ノウハウが盛り込まれているため、より高度な設計が可能です。


新ツールの特長

DC-DCコンバータ設計向けインダクタ/コンデンサ選択支援ツール

DC-DCコンバータを構成するパワーインダクタ、コンデンサは品種が多く、要件を満たす高効率なDC-DCコンバータを実現するための部品選択は、困難な作業となっています。各部品を組み合わせてDC-DCコンバータを構成したときの動作は、実際に回路を構成しないと分からないケースが多いためです。

DC-DCコンバータ回路の性能を評価する指標として、a)効率*1、b)リップル電流*2、c)負荷応答特性*3があり、これらの解析には従来、専用ソフトを用いた高度な解析技術と、長時間の解析が必要でした。

今回提供するDC-DCコンバータツールは、DC-DCコンバータの高速シミュレーション機能を備えています。ウェブブラウザから、入出力電圧、スイッチング周波数、インダクタンス、静電容量といった最小限度のパラメータを入力することで、DC-DCコンバータの動作・性能(上記のa~c)を高速に解析・表示することができます。これにより、最適なインダクタとコンデンサを選ぶことが容易に可能となり、設計時間の短縮を図ることができます。

本DC-DCコンバータツールは、車載向け、スマートフォン向けを中心に幅広いアプリケーションを対象としています。村田製作所がこれまでに蓄積してきた、さまざまなDC-DCコンバータ向けパワーインダクタの損失についてのデータベース、測定ノウハウなどをツールに盛り込んでおり、エンジニアの部品選択に貢献します。

*3 c:負荷応答特性の解析機能は2019年に追加予定です。


ノイズフィルタ選択支援ツール

一般的にノイズフィルタは、インダクタ、コンデンサ、フェライトビーズ、コモンモードチョークコイルなどを複合的に組み合わせて構成し、複数の周波数にインピーダンスのピークを設定するフィルタ回路として設計します。この際、フィルタタイプ(素子の構成)と各素子の定数を定めることが困難でした。
また、回路設計を行うにあたり、エンジニアは各種デバイスの特性データを部品メーカーから入手し、PCに取り込んでシミュレーションを行う必要があり、分析に時間もかかりました。

今回提供するノイズフィルタツールは、村田製作所が長年培ってきた豊富なノイズ対策ノウハウを生かし、エンジニアに適切な回路を提案します。

また、新ツールでは、さまざまな特性をもつインダクタ、コンデンサ、フェライトビーズ、コモンモードチョークコイルの中から自由に選択して組み合わせ、希望の周波数を対象とするノイズフィルタ回路の特性を分析したり、コモンモード、ディファレンシャルモードの両方の損失を分析したりすることも可能です。

さらに、車載用電子電機部品が外部に放射するノイズから対象の回路を保護する際に用いられる国際規格「CISPR25」に対応した回路設計を支援します。

製品サイト

DC-DCコンバータ設計向けインダクタ/コンデンサ選択支援ツール
ノイズフィルタ選択支援ツール:今夏提供開始予定


用語説明

*1  出力電力÷入力電力
*2  直流電流の中に含まれる脈動成分
*3  負荷電流の変動に対する出力電圧の応答特性

※2018年8月24日変更箇所:記載内容に一部誤りがありましたので訂正しました。
用語説明 *1 
(誤)出力電力÷入力電圧 → (正)出力電力÷入力電力

ムラタについて

村田製作所はセラミックスをベースとした電子部品の開発・生産・販売を行っている世界的な総合電子部品メーカーです。独自に開発、蓄積している材料開発、プロセス開発、商品設計、生産技術、それらをサポートするソフトウェアや分析・評価などの技術基盤で独創的な製品を創出し、エレクトロニクス社会の発展に貢献していきます。
詳細はこちらのページをご覧ください。www.murata.com/ja-jp