RFIDミドルウェアを活用したシステム開発とソリューション提供を開始

2018/09/06

株式会社村田製作所(本社:京都府長岡京市、代表取締役会長兼社長:村田恒夫)は、ユーザーのRFIDシステム導入を容易にするべく、社内で開発したRFIDミドルウェアを使用したユーザー向けシステム開発とソリューションの提供を、この夏より本格的に開始しました。このミドルウェアは、RFIDリーダライタで読み取ったタグ情報をユーザーの基幹システムに適切な形で連携させる役割があります。2018年9月12日~14日に東京ビッグサイトで開催される「第20回自動認識総合展」で展示、ご紹介します。


概要

RFIDシステムをアパレルや小売業界、医療分野などで展開するにはソフトウェアの役割が特に重要になります。基幹システムが一般的に品目(SKU=stock keeping unit)をもとに設計されているのに対して、RFIDの世界ではすべての製品がユニークIDで個体識別されるため、その点に注意して基幹システムとRFIDタグの間でデータのやり取りを円滑に行う必要があります。

RFIDミドルウェアを通して、現場で使用する機器とPOSやWMSなどの多様な基幹システムを速やかに統合することが可能です。ミドルウェアが機器とのやり取りを行うことで、読み取りとデータの処理を効率化しますので、お客様の基幹システムでRFIDシステムの管理を行う必要がありません。

また当社はRFIDシステムの提供を通して、事前に実現性可否(実際の現場で適切にタグの読み取りが出来るか、必要なタグのみを読み取る事が出来るか等)や費用対効果の検証、またシステム導入後のアフターサービスまで含めて全てワンストップでサポートいたします。

村田製作所は、従来RFIDのハードウェアを中心に開発・販売を行ってきましたが、2017年6月にイタリア・パルマ市のRFID関連システム・インテグレータID-Solutions社を傘下に収めたことで、ソフトウェアを含むソリューション提案力を高め、事業の強化・拡大を図っていく計画です。


特長

  • RFID導入の実現性可否や費用対効果の検証をサポート
  • RFIDシステムの速やかな導入を実現し、新たな工程や店舗への拡張も容易
  • 読み取ったデータはお客様の基幹システムが利用できるデータに複数インタフェースでの出力が可能
  • 複数のRFID機器に対する共通ライブラリ機能としてリーダやプリンタの制御、タグの読み書きなどをパッケージ内に実装済でシステム構築が容易
  • RFIDで収集した大量のデータをもとに業務工程や製品の流れ、ロケーションなどを可視化したブラウザで閲覧可能なDashboardを装備


製品サイトURL

https://solution.murata.com/ja/service/rfid-solution/


ムラタについて

村田製作所はセラミックスをベースとした電子部品の開発・生産・販売を行っている世界的な総合電子部品メーカーです。独自に開発、蓄積している材料開発、プロセス開発、商品設計、生産技術、それらをサポートするソフトウェアや分析・評価などの技術基盤で独創的な製品を創出し、エレクトロニクス社会の発展に貢献していきます。
詳細はこちらのページをご覧ください。www.murata.com/ja-jp