可変抵抗方式で世界最小  ロータリポジションセンサの開発について

2015/02/24

株式会社村田製作所
代表取締役社長 村田 恒夫 


この製品は生産中止品です。

SVM4シリーズ(mini PS) (左) と従来品 (右)

要旨

株式会社村田製作所は、可変抵抗方式では世界最小サイズとなる小型(W4.0×L4.5×T2.0mm)のロータリポジションセンサ*1SVM4シリーズ(mini PS)を開発しました。2015年3月よりサンプル出荷を開始し、同年8月より量産を開始いたします。

背景

ヒューマノイドロボットの指関節制御やラジコン・ゲーム機器の小型コントローラは狭い空間での角度制御が必要となります。この市場ニーズに対応するため、当社は従来(SV03シリーズ)に比べて体積を約8分の1に削減した世界最小サイズの小型ロータリポジションセンサSVM4シリーズを開発いたしました。より狭い空間での角度制御を可能とし、セットの小型軽量化を実現いたします。

特徴

  • 従来品(SV03シリーズ)に比べて体積比で8分の1の小型化を実現
  • 高精度化・長寿命化が難しい小型サイズにおいて、
    1. 従来品と同様のリニアリティ*2±2%を実現
    2. 従来品を上回る長寿命(0.5Mサイクル以上)を実現

用途

  • ヒューマノイドロボットの指関節制御フィードバックセンサ*3
  • ラジコン・ゲーム機器などのコントローラのジョイスティック
  • ヘッドセット・補聴器などのウェアラブル機器の操作スイッチ
  • コンパクトデジタルカメラの操作スイッチ、レンズ・絞りのフィードバックセンサ

用語説明

*1 ロータリポジションセンサ…可変抵抗器の分圧(ポテンショメータ)方式でロータの回転角度を検知し、それに比例した電圧を出力する角度センサ

*2 リニアリティ…センサ出力と基準直線の誤差をフルスケール(%)で表したもの。例えばセンサ出力が0-5Vの場合、SVM4シリーズのリニアリティ±2%とは、基準直線から最大で±0.10V(5Vの2%)の誤差をもつことを意味する

*3 フィードバックセンサ…出力の結果を入力側に戻し、目標値と比較して次の制御へ役立てる(フィードバック制御)装置において、出力の結果を計測するセンサ

電気的性能

  • リニアリティ:±2%
  • 電気的有効角度:240°
  • 全抵抗値:10kΩ
  • 使用度範囲:-40℃~85℃
  • 動作寿命:0.5Mサイクル以上

外形寸法図

 
    表面        裏面

W4.0×L4.5×2.0mm(0.08g)


生産体制

2015年3月よりサンプル提供開始予定
2015年8月より量産開始予定


ムラタについて

村田製作所はセラミックスをベースとした電子部品の開発・生産・販売を行っている世界的な総合電子部品メーカーです。独自に開発、蓄積している材料開発、プロセス開発、商品設計、生産技術、それらをサポートするソフトウェアや分析・評価などの技術基盤で独創的な製品を創出し、エレクトロニクス社会の発展に貢献していきます。詳細はこちらのページをご覧ください。www.murata.com/ja-jp