クロッカス・テクノロジー社とTMRセンサの販売契約を締結

2020/04/20

株式会社村田製作所(以下、「当社」)は、2019年12月末日にクロッカス・テクノロジー(Crocus Technology)(以下、「クロッカス社」)と販売契約を締結しました。これにより、日本・中国・台湾・韓国において、クロッカス社のTMR*1センサの独占販売権*2を取得しました。

クロッカス社のTMRセンサ製品は、独自のCMOSリソグラフィの上に完全に集積されたモノリシック技術、高感度・低ノイズ、ナノレベルの低消費電力、高温・高信頼性に関する際立った堅牢性を活かし、IoT分野や産業用途のアプリケーションに理想的な検出ソリューションとなっています。

当社の磁気センサの経験と実績に、今回、新たにクロッカス社のTMRセンサ製品を製品ラインアップに加えることで、お客様が実現したいアプリケーション・サービスに向けて、より幅広く適切な製品を提供できるようになります。

*1
  TMR:Tunnel Magneto Resistanceの略。トンネル磁気抵抗効果。
*2
  対象製品:CT1**シリーズ、CT3**シリーズ。
製品詳細はクロッカス・テクノロジー社のサイトをご参照ください。

クロッカス・テクノロジーについて

クロッカス・テクノロジーは、Magnetic Logic UnitTM (MLUTM )というTMRセンサ技術特許をもとに磁気センサおよびエンベデットメモリソリューションの開発・提供するメーカーです。クロッカス・テクノロジーの磁気センサは、高感度・安定した温度特性・低消費電力・低コストが要求される産業・コンシューマーアプリケーションに、多大なアドバンテージを提供します。本社は、米国 カリフォルニア州サンタクララに処し、フランス グルノーブルにオフィスを保有しています。詳細はこちらのページをご覧ください。https://www.crocus-technology.com.

ムラタについて

村田製作所はセラミックスをベースとした電子部品の開発・生産・販売を行っている世界的な総合電子部品メーカーです。独自に開発、蓄積している材料開発、プロセス開発、商品設計、生産技術、それらをサポートするソフトウェアや分析・評価などの技術基盤で独創的な製品を創出し、エレクトロニクス社会の発展に貢献していきます。
詳細はこちらのページをご覧ください。www.murata.com/ja-jp