セラミックコンデンサのFAQ

実装

チップ積層セラミックコンデンサについてフラックス塗布に関する注意点はありますか?

  1. フラックス塗布量が多い場合、フローはんだ付け時にフラックスガスが多量に発生し、はんだ付け性を阻害する原因となりますので、フラックスは薄く均一に塗布するようにしてください。 (フローはんだ付けには発泡方式が一般に用いられます。)

  2. フラックス中のハロゲン物質が多いと、洗浄不足の場合、外部電極腐食の原因となりますので、フラックスはハロゲン系物質含有量が0.1%以下のものを使用してください。

  3. 酸性の強いフラックスは、コンデンサを腐食し性能を劣化させることがあります。
    実装後の品質を確認の上、使用してください。

*詳しくは、以下をご参照ください。

<関連FAQ>

> チップ積層セラミックコンデンサについて洗浄に関する注意点はありますか?

FAQ改善アンケートにご協力ください。
このFAQはお役に立ちましたか?
宜しければこのFAQについてのご意見・ご要望をお聞かせください。
お客様のご意見はFAQの改善にご利用させていただきます。
※このフォームでいただいたご質問・ご要望への返信は行なっておりません。
送信する
製品についてのご質問は お問合せフォーム からご連絡ください。