セラミックコンデンサのFAQ

特性

コンデンサの静電容量の電圧特性とは?

コンデンサの実効静電容量値が直流(DC)や交流(AC)の電圧により変化する現象を電圧特性と言います。
この変化幅が小さければ電圧特性は良好、大きければ電圧特性に劣ると言えます。電源ラインのリップル除去などで使用する電子機器にコンデンサを使用する場合には、使用電圧条件を想定した設計が必要です。
詳しくはこちらをご参照ください。
FAQ改善アンケートにご協力ください。
このFAQはお役に立ちましたか?
宜しければこのFAQについてのご意見・ご要望をお聞かせください。
お客様のご意見はFAQの改善にご利用させていただきます。
※このフォームでいただいたご質問・ご要望への返信は行なっておりません。
送信する
製品についてのご質問は お問合せフォーム からご連絡ください。